森田悌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
森田 悌
(もりた てい)
人物情報
生誕 (1941-04-12) 1941年4月12日(80歳)
大日本帝国の旗 大日本帝国埼玉県
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学文学部
東京大学法学部
子供 森田果商法学者
学問
時代 昭和時代後期 -
活動地域 日本の旗 日本
研究分野 日本史(古代史)
学位 文学博士
テンプレートを表示

森田 悌(もりた てい、1941年昭和16年)4月12日[1] - )は、日本歴史学者群馬大学名誉教授。日本古代史専攻。商法学森田果の父。文学博士

経歴[編集]

1965年(昭和40年)、東京大学文学部国史学科を卒業1967年(昭和42年)、同法学部公法課程卒業[2]1971年(昭和46年)金沢大学助教授、教授を経て、1995年平成7年)群馬大学教育学部教授。

2008年(平成20年)定年退任、名誉教授。

上代から平安朝を研究著述し、『日本後紀』、『続日本後紀』を初めて現代語訳した。

著書[編集]

  • 『日本古代官司制度史研究序説』(現代創造社 1967年)
  • 『平安初期国家の研究』(現代創造社 1970年 - 1972年)
  • 受領』(教育社歴史新書 1978年7月)
  • 『平安時代政治史研究』(吉川弘文館 1978年12月)
  • 『王朝政治』(教育社歴史新書 1979年7月/講談社学術文庫 2004年)
  • 『王朝国家』(吉川弘文館 1980年11月 (研究史))
  • 『解体期律令政治社会史の研究』(国書刊行会 1982年3月)
  • 『日本古代の耕地と農民』(第一書房 1986年4月)
  • 『日本古代律令法史の研究』(文献出版 1986年9月)
  • 『古代の武蔵 稲荷山古墳の時代とその後』(吉川弘文館 1988年5月)
  • 『日本古代の政治と地方』(高科書店 1988年6月)
  • 『古代国家と万葉集』(新人物往来社 1991年9月)
  • 『古代東国と大和政権』(新人物往来社 1992年10月)
  • 長屋王の謎 北宮木簡は語る』(河出書房新社 1994年4月)
  • 『日本古代交通社会史考 私家版』(1994年7月)
  • 『日本古代の政治と宗教』(雄山閣出版 1997年8月)
  • 『邪馬台国とヤマト政権』(東京堂出版 1998年5月 (教養の日本史))
  • 『天皇号と須弥山』(高科書店 1999年7月)
  • 『日本古代の駅伝と交通』(岩田書院 2000年2月 (古代史研究叢書))
  • 『推古朝と聖徳太子』(岩田書院 2005年9月)
  • 『王朝政治と在地社会』(吉川弘文館 2005年12月)
  • 天智天皇大化改新』(同成社 2009年2月)

共編著・校訂[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年平成28年))p.348
  2. ^ 森田悌|ローチケHMV