森田眞円

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

森田 眞円(もりた しんねん、1954年- )は、浄土真宗の僧、仏教学者、京都女子大学教授。

奈良県生まれ。龍谷大学大学院博士課程真宗学専攻修了、本願寺派宗学院卒業。龍谷大学講師、中央仏教学院講師、本願寺教学伝道研究所所長、京都女子大学文学部英文学科教授、本願寺派勧学、奈良県葛城市教善寺住職。[1]

著書[編集]

  • 『ひらがな真宗』本願寺出版社 2000
  • 『ひらがな正信偈』本願寺出版社 2003
  • 『観念法門窺義』永田文昌堂 2005
  • 『笑う門には念仏あり』本願寺出版社 2007
  • 『はじめての親鸞さま』本願寺出版社 2012

共著[編集]

  • 『秋いろの空に』蔵田了然,冨井都美子共著 本願寺出版社 2000
  • 『やさしく語る親鸞聖人伝』瓜生津隆真,淺田正博,黒田覚忍,白川晴顕,清岡隆文,貴島信行, 浅井成海共著 本願寺出版社 2011
  • 『浄土真宗はじめの一歩 入門書』釈徹宗共著 本願寺出版社 2012

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『はじめての親鸞さま』著者紹介