森田隆朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
森田 隆朝
もりた たかとも
生年月日 1925年9月28日
出生地 鳥取県日南郡日南町
没年月日 (2007-05-13) 2007年5月13日(81歳没)
死没地 鳥取県米子市
出身校 米子医大
(現在の鳥取大学医学部
前職 医師

テンプレートを表示

森田 隆朝(もりた たかとも、大正14年(1925年)9月28日 - 平成19年(2007年)5月13日)は日本医師政治家。元産婦人科森田医院院長[1]。元鳥取県医師会常任理事[1]。元鳥大医学部同窓会名誉会長[1]。元日本・ネパール人づくり協力会会長[1]。元日野郡人会会長[1]。元米子市長。

旧姓新出(にいで)[1]

経歴[編集]

1925年9月、奥日野の禅寺で生まれた[1]。その年の暮れ近く、一家は大脱走し、境港へ転住した[1]。父はたく鉢に回ったり、講演に歩いたりして喜捨をこい、その金で託児所を開き、仲仕の背でぐずる子を預かって面倒をみていた[1]。社会事業のはしりである[1]

昭和18年(1943年)県立米子中学校(現在の米子東高校)卒[2]。昭和29年(1954年)国立米子医科大学[2]。母校の産婦人科教室に入局[3]

昭和35年(1960年)森田医院を開業[2]。その後、鳥取県教育委員長を務めた[4]

平成3年(1991年)米子市長に当選。平成15年(2003年)までの3期12年務める[4]

平成19年(2007年)5月13日急性心不全のため米子市の病院で死去、81歳。[5]

人物像[編集]

学生時代[編集]

北京工専の学生時代は不らちの限りを尽くし、無法松とあだ名されて得意がっていた[6]。2年生の秋、京大出の現役将校をぶん殴り、無期停学をくらった[7]

交流[編集]

信太澄夫、坂口昇などは旧制松高の先輩[8]

森田は、昭和33年(1958年兵庫県村岡町の診療所に出張した[3]。そこで消防団長をしていた谷洋一と親しくなった[3]。森田によれば、「昭和三十三年、兵庫県村岡町の診療所に出張した。杜氏の里で、のうまい所である。そこで消防団長をしていた谷洋一君とネンゴロになった。彼はその後、町長、県議を経て今は四選目の国会議員である。」という[3]

人柄・性格[編集]

座右の銘は“当たって砕けろ”[2]。尊敬する人は今村均[2]

[編集]

家族[編集]

参考文献[編集]

  • 『鳥取県人名録』(企画・編集 鳥取県人名録刊行委員会 旬刊政経レポート、1987年 608頁)
  • 編集 - 朝日新聞鳥取支局 『私の交遊抄(中)』 1989年 262-269頁

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『私の交遊抄(中)』 編集 - 朝日新聞鳥取支局、1989年 262頁
  2. ^ a b c d e f g h 『鳥取県人名録』 608頁
  3. ^ a b c d 『私の交遊抄(中)』 編集 - 朝日新聞鳥取支局、1989年 267頁
  4. ^ a b 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』 540頁
  5. ^ 元米子市長 森田隆朝氏死去
  6. ^ 『私の交遊抄(中)』 編集 - 朝日新聞鳥取支局、1989年 265頁
  7. ^ 『私の交遊抄(中)』 編集 - 朝日新聞鳥取支局、1989年 266頁
  8. ^ 『私の交遊抄(中)』 編集 - 朝日新聞鳥取支局、1989年 269頁