森章司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

森 章司(もり しょうじ、1938年-)は、三重県出身の日本仏教学者東洋大学名誉教授・中央学術研究所講師。専門はインド仏教文学博士(東洋大学)。

略歴[編集]

  • 1938年、三重県に生まれる
  • 1966年、東洋大学文学部仏教学科卒業
  • 1971年、同大大学院文学研究科仏教学専攻博士課程満期退学
  • 同学部講師に就任
  • 同学部助教授に昇任
  • 同学部教授に昇任
  • 1995年、『原始仏教から阿毘達磨への仏教教理の研究』にて文学博士号を取得
  • 2008年、東洋大学を退職、名誉教授に

著書[編集]

  • 『仏教思想の発見 - 仏教的ものの見方』(渓水社、1990年)
  • 『原始仏教から阿毘達磨への仏教教理の研究』(東京堂出版、博士論文、東洋大学、1995年、乙種)
  • 『初期仏教教団の運営理念と実際』(国書刊行会、2000年)

編著[編集]

  • 『仏教比喩例話辞典』(東京堂出版、1987年→国書刊行会、2005年)
  • 『戒律の世界』(渓水社、1993年)

共著[編集]

  • 『原始仏教聖典資料による釈尊伝の研究』1-16(中島克久、本澤綱夫、岩井昌悟との共著、中央学術研究所、1999年-)

共編[編集]

  • 『仏教がわかる四字熟語辞典』(小森英明との共編、東京堂出版、2008年)

論文[編集]

参考文献[編集]

  • 『初期仏教教団の運営理念と実際』(国書刊行会、2000年)