森脇真琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

森脇 真琴(もりわき まこと)は、日本の女性アニメーション監督、アニメーション演出家北海道出身。夫は同じくアニメーション演出家の高林久弥。

経歴[編集]

アニメーターとしてシンエイ動画に入社。『一球さん』や『野球狂の詩』で演出助手を担当した後、『ドラえもん』で絵コンテ演出を経験する。その後、シンエイ動画から独立したあにまる屋(現・エクラアニマル)に移籍し、様々な作品で演出を経験する。

2004年頃にあにまる屋を退社し、現在はフリーランスで活動中。

おねがいマイメロディ』シリーズや、『プリパラ』シリーズなどに代表される、タイアップ先に遠慮のないギャグやパロディ、テンションの高いシュールな作風で知られる。

大島弓子に多大な影響を受けたことを公言している[1]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1970年代
  • 野球狂の詩(1977年 - 1979年)演出補
  • 一球さん(1978年)演出助手
  • ドラえもん(1979年 - 2005年)脚本・絵コンテ・演出・演出助手
  • 赤い鳥のこころ 日本名作童話シリーズ 風の母子(アニメ)(1979年)監督
1980年代
1990年代
2000年代
2010年代

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 森脇真琴「マイメロ」「プリパラ」秘話を故郷・北海道で語る、「大島弓子さんのファン」(イベントレポート)”. コミックナタリー (2019年11月8日). 2019年11月26日閲覧。
  2. ^ 探偵オペラ ミルキィホームズ”. アニメハックaccessdate=2020-07-30. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ 森脇真琴 (@iyaiyaenn)の2017年3月23日のツイート。「シナリオ:森脇真琴」と表記されているが、エンディングクレジットでは「大島のぞむ」となっている。