半保護されたページ

森花子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

もり はなこ
森 花子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 千葉県いすみ市
生年月日 (1984-08-25) 1984年8月25日(36歳)
最終学歴 茨城大学教育学部卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 甲府水戸東京アナウンス室→水戸→東京アナウンス室
活動期間 2007年 -
配偶者 あり
著名な家族 妹 - 森葉子テレビ朝日
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

森 花子(もり はなこ、1984年8月25日 - )は、NHKアナウンサー千葉県いすみ市(旧・夷隅郡岬町)出身。

来歴 

幼少期から学生時代

岬町立(現・いすみ市立)岬中学校[1]木更津総合高等学校[2]茨城大学教育学部卒業[2]

小学校1年生の時から、地元の剣道クラブ(岬町少年剣友会[3][4])で剣道を始める[5]。中学・高校時代には全国大会に出場した[5]。大学3年生の時には、第39回全日本女子学生剣道選手権大会で3位に入賞[5][6]

NHKに入局

2007年、NHKに入局。甲府放送局デビュー

2008年11月、剣道の経験がある一般人男性と結婚[7][8]

2009年に第一子となる息子出産した[7]

1年間の育児休暇を経て、2010年6月に甲府放送局への職場復帰を果たしたが、2か月後(7月29日付)の人事異動で水戸局に移った。 水戸放送局への異動後は、茨城県向けの地域放送番組を担当する一方で、NHK放送センター制作の全国向けテレビ番組でも随時進行役を務めた。

2014年夏の定期異動でNHK放送センター(東京アナウンス室)に移った。放送センター勤務時は家族を茨城県に残しての単身赴任だった[9][10]。東京に転勤する際には水戸市から水戸大使を委嘱されている[11][注釈 1]

2017年春の改編で、2度目となる水戸放送局に移った。

2018年12月に再び産休入りし、育児休職を経て2020年2月に復帰した。その後2021年春の改編で、こちらも2度目となるNHK放送センター(東京アナウンス室)に移った。

人物 

家族

  • 三姉妹の長女で、2歳下(テレビ朝日森葉子[1][7]と、3歳下の妹がいる[1]
  • 父親が植物好きで、三姉妹とも植物にちなんだ名前である[7]

趣味・特技

  • 剣道[12]。妹の葉子も剣道4段の腕前を持つ[13]

嗜好・挿話

出演

☆印は現在出演(担当)中。

甲府放送局

※当時東京アナウンス室安部みちこが産前産後休暇に入ったことから、代理司会を担当。

水戸放送局(1度目)

※下記はいずれも、東京アナウンス室に異動していた上條の夏季休暇に伴う代理司会。

東京アナウンス室(1度目)

水戸放送局(2度目)

  • 茨城県のニュース
  • いば6(キャスター・2017年4月3日 - 2018年12月7日)
  • 今夜も生でさだまさし〜大型連休にジャスト水戸!〜(2017年4月30日、水戸放送局からの全国放送)
  • 茨城スペシャル「クイズ茨城王決定戦」(2017年12月26日、2018年5月2日、2020年2月14日。いずれも回答者として出演。水戸放送局)
  • ピョンチャンオリンピック デイリーハイライト(2018年2月20日 - 23日。青井実と司会を担当)
  • 旬感☆ゴトーチ!(2018年6月11日・13日・7月16日。中継リポーター)[注釈 6]

東京アナウンス室(2度目)

  • タカアンドトシのお時間いただきます(2021年3月31日 - 、NHKラジオ第1放送)☆
  • あさイチ(リポーター、2021年4月 - )☆
  • 宇宙の人気番組「いとしの地球アワー」(2021年5月5日、NHK総合) - 宇宙人アナウンサー

同期のアナウンサー

太字は勤務地で地上デジタル放送推進大使を担当)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ ただし、2017年に水戸局に復帰した時点でも継続しているかは不明である点に注意。
  2. ^ ※2008年1月1日の放送には、同期入局である上條倫子(当時高松局)・藤井まどか(当時鹿児島局)と共に、「オオギリシスターズ」として登場する予定だった。しかし、生放送の開始前に鼻血を出したため、実際には森のみ途中から出演した[5]。本人によれば、子供の頃から鼻血を出しやすい体質とのこと。当日は、スタジオのライトの近くに座っていたところ、のぼせたためか鼻血が出てきたという[5]
  3. ^ 森の大使就任を受けて、YBS山梨放送植田有紀子(現在は圭三プロダクション所属)、UTYテレビ山梨小田切いくみと3人で出演。デジタル放送推進協会(Dpa)サイト上でも期間限定で公開された。
  4. ^ 東京アナウンス室の松尾剛と共に、東京スタジオで進行を担当。
  5. ^ セレッソ大阪サンフレッチェ広島戦が開かれたヤンマースタジアム長居内の特設スタジオから、東京アナウンス室の鳥海貴樹と共に、全国向け放送パートの司会を担当(一部地域で中継カードを差し替え)。
  6. ^ 当初6月12日も予定していたが、特設ニュースで延期、収録し18日の放送を予定していたがこれも特設ニュースで休止となり7月16日に放送された。

出典

  1. ^ a b c おしゃべり散歩道2017 エッセイ第17回 新天地での活躍祈って”. 増田明美’s Homepage. 2021年3月23日閲覧。
  2. ^ a b 森 花子さん”. しごとコレクション - しごとCHANNEL365. 2021年4月1日閲覧。
  3. ^ 森花子さん紹介記事”. 岬町剣友会. 2021年4月1日閲覧。
  4. ^ 卒業生の活躍”. 岬町剣友会. 2021年4月1日閲覧。
  5. ^ a b c d e 水戸局・ろ~ろの突撃インタビュー:森花子アナウンサー”. NHK水戸放送局. 日本放送協会. 2012年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月9日閲覧。
  6. ^ おめでとう!! 森花子さん 「第39回全日本女子学生剣道選手権大会」 3位入賞”. 2021年4月1日閲覧。
  7. ^ a b c d “ママさんアナ 森花子と2人の妹”. ゲンダイネット (日刊ゲンダイ). (2012年8月2日). オリジナルの2014年5月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140524003714/http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/137940 2013年4月9日閲覧。 
  8. ^ 森花子さん結婚披露宴” (2008年11月8日). 2021年4月1日閲覧。
  9. ^ “働くママ、自ら環境を つくばでシンポ、NHK・森アナ講演”. 茨城新聞. (2014年12月19日). http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14188975601869 2017年11月29日閲覧。 
  10. ^ ☆思い出☆”. NHKニュースおはよう日本 出演者ブログ (2017年3月30日). 2017年11月29日閲覧。
  11. ^ 高橋やすし (2014年7月29日). “NHKアナウンサー森花子さんへ水戸大使委嘱”. 高橋やすしオフィシャルブログ「水戸市長の安心水戸ふるさと日記」. Ameba. 2021年4月1日閲覧。
  12. ^ NHKアナウンス室 森花子”. NHK. 2021年3月23日閲覧。
  13. ^ テレ朝・森葉子アナ結婚、妊娠6か月…剣道四段がスポーツマンと意気投合”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2021年3月20日). 2021年3月21日閲覧。
  14. ^ 常陸大宮大使”. 常陸大宮市公式ホームページ. 常陸大宮市. 2021年4月1日閲覧。