森芳雪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

森 芳雪(もり よしゆき、天保6年〈1835年〉-明治12年〈1879年〉)とは、江戸時代末期から明治時代にかけての大坂浮世絵師

来歴[編集]

歌川芳梅の門人。姓は森、名は米次郎。南粋、南酔亭、六花園(りくかえん)、六花軒、蕙雪と号す。大坂の人。作画期は文久1861年 - 1864年)から明治8年(1875年)までであった。明治5年(1872年)頃、一時東京に出て蒸気車や銀座煉瓦石造街風景などの開化絵を描いている。中判の役者絵の他に、合作の「浪花百景」シリーズのような風景画の作品が良く知られている。また慶応4年(1868年)刊行の合巻『見聞奇談』(北遊山人撰)の挿絵を描いている。

なお嘉永・文久年間の江戸に同名の歌川芳雪がおり、区別するため森芳雪と称す[1]

作品[編集]

  • 「浪花百景」 中判 錦絵 揃物 嘉永頃 歌川国員中井芳滝と合作
  • 「故片岡我童追善口上」 横大判 錦絵 文久3年(1863年)2月
  • 「天皇諸所巡見図」 大判 錦絵3枚続 明治6年
  • 「本朝廿四孝 敵討巌流嶋」 大判 錦絵3枚続

脚注[編集]

  1. ^ 『浮世絵の見方事典』は、本項の人物を歌川芳雪としている。

参考文献[編集]

  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年
  • 吉田漱 『浮世絵の基礎知識』 大修館書店、1987年
  • 吉田漱 『浮世絵の見方事典』 北辰堂、1987年