森赫子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
もり かくこ
森 赫子
森 赫子
1956年、『アサヒグラフ』より
生年月日 (1914-06-02) 1914年6月2日
没年月日 (1986-04-14) 1986年4月14日(71歳没)
出生地 東京府豊多摩郡渋谷町大字下渋谷字猿楽(現・東京都渋谷区猿楽町
職業 女優、作家
活動期間 1932年 - 1956年(女優として)
著名な家族 岩谷松平(祖父)
森肇(祖父)
森律子(養母・伯母)
テンプレートを表示

森 赫子(もり かくこ、1914年6月2日 - 1986年4月14日)は、日本女優、作家。

東京府渋谷町猿楽生まれ[1]岩谷松平の孫。旧姓は岩谷。跡見高等女学校卒。伯母森律子の養女となる。1932年松竹蒲田撮影所に入り、映画女優でデビュー。1934年新派に転向、花柳章太郎の相手役として活躍。1939年映画「残菊物語」で花柳の相手役を演じた。1956年失明して引退。同年自伝「女優」を出版、「書きますわよ」の流行語を生んだ[2]。同作は映画化された(女優 (1956年の映画))。

出演映画[編集]

著書[編集]

  • 『女優』実業之日本社 1956
  • 『とり違えた恋』新鋭社 1956
  • 『盲目』実業之日本社 1958 大空社 1998(盲人たちの自叙伝)
  • 『神様と喧嘩』文京書房 1980

脚注[編集]

  1. ^ 森赫子 KINENOTE 2018年8月5日閲覧。
  2. ^ コトバンク 2018年8月5日閲覧。