森近運平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森近 運平(もりちか うんぺい、1881年明治14年〉1月20日 - 1911年〈明治44年〉1月24日)は、日本の社会主義活動家幸徳事件大逆事件)で処刑された12名の1人。

略歴[編集]

岡山県後月郡高屋村(現・井原市)出身。岡山県立農事講習所(現・岡山県立高松農業高校)卒業。岡山県職員となるが、公式な会議で戦時国債不買を呼びかける演説をしたため、免官となった。1906年(明治39年)2月日本社会党結成に参加。1907年(明治40年)、宮武外骨の支援により『大阪平民新聞』創刊。1909年(明治42年)、幸徳秋水など同志と倫理観で対立し岡山に帰郷。地元で当時高等園芸と言われた温室栽培など農業改良運動に従事した。

1910年(明治43年)の幸徳事件(大逆事件)で逮捕された。

地元の農民は無実を信じ、教育者、宗教者であり、遠縁にもあたりかねてより運平を良く知る佐藤範雄に助命を依頼。要請を受けた佐藤は岡山県知事岡山県警察部長と打ち合わせ上京、内務省警保局長・有松英義に対して助命嘆願をしたが、判決の6日後の1911年(明治44年)1月24日に刑が執行された。30歳没。

関連する作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

出典

参考文献[編集]

  • 『森近運平研究基本文献(上・下)』 (同朋舎出版、1983年

関連項目[編集]