森達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2017年1月31日、「FAKE」のプレミアにて

森 達也(もり たつや、1956年5月10日 - )は、日本のドキュメンタリーディレクター、テレビ・ドキュメンタリー・ディレクター、ノンフィクション作家[1]明治大学特任教授[2]

人物・活動[編集]

広島県呉市出身[3]立教大学卒業後、アルバイトを転々としつつ演劇活動に打ち込む[4]。29歳にして就職活動を始め、広告代理店に就職。その後も職を転々とし、不動産会社商社[4]、そして1986年テレビ番組制作会社へ転職[4]。後にフリーになる[4]

1992年ミゼットプロレスのテレビドキュメント作品『ミゼットプロレス伝説 〜小さな巨人たち〜』でデビュー[5]

広報副部長荒木浩を中心にオウム真理教信者達の日常を追うドキュメンタリー映画『A』を公開[5]ベルリン国際映画祭に正式招待される[4]。2001年には続編『A2』を発表[5]山形国際ドキュメンタリー映画祭にプレミア出品され、市民賞・審査員賞受賞[1]

一方、テレビでは、フジテレビNONFIX」枠で、秋山眞人、堤裕司、清田益章らエスパーを職業とする者たちの日常をとらえた『職業欄はエスパー』(1998年)[6]、他の生物を犠牲にして生きる人間の矛盾を描いた『1999年のよだかの星』(1999年)[7]、『「放送禁止歌」〜歌っているのは誰?規制しているのは誰?〜』(1999年[8]など、タブーから目をそらさない姿勢で取り組んだドキュメンタリー作品を続けて制作[9]

『言論統制列島』では「僕は、思想・信条から自由でありたいというか、むしろ特定の思想・信条やイズム(主義)にどうしても埋没できない。だからね、左でも右でも、まあ、どっちでもいい」「マルクスなんか読んだこともない」と発言している[10]。一方では護憲派を広言しており、2016年選挙権が18歳に引き下げられた際にコメントを求められたとき、「(自民党に投票するくらいなら投票を)棄権して欲しい」と発言している[11]

代表作に映画『A』『A2』、テレビドキュメンタリー『放送禁止歌』、書籍『下山事件(シモヤマ・ケース)』がある。

2014年に全国的な騒動に発展した佐村河内守の「ゴーストライター問題」を題材に映画化することとなり、同年秋から関係者への取材や撮影を極秘裏に進行させ、2016年に『FAKE』を劇場公開した。製作中の報道では、佐村河内や新垣隆の見方や関係がひっくり返るかもしれないとされた[12]

エピソード[編集]

  • 立教大学時代は映画サークル「立教SPP」に所属[13]。このサークルには黒沢清塩田明彦らがいた[13]。黒沢や石井聰亙の映画にも出演した[13]
  • 2004年に発表したノンフィクション『下山事件(シモヤマケース)』において「彼」と匿名で登場する取材協力者が、事件に関わる自動車の車種など著者である森に詳細に語る部分が記されていた[14]。2005年7月、当の「彼」である柴田哲孝が、『下山事件 最後の証言』(祥伝社)を実名で発表。書中で森の書いた証言部分は事実ではないと指摘した[15]。森は2006年の『下山事件』の文庫化に際し「付記」の中で、「こんな場合、おおむね語られた人よりも語った人の記憶のほうが正しい」「つまり僕は圧倒的に分が悪い」「この本に記したように柴田から聞いた記憶があるけれど、それは糺されねばならないだろう」と、ほぼ柴田の指摘を認め、あくまでもミスに過ぎず、意図的な捏造ではないとも述べ、記憶通りに書いたことを理由に、本文自体は変更せず「謝罪はしない。なぜなら自分が間違ったことをしたとは思っていない」と述べ、この付記を含めて、評価は読者であるあなたがすることなのだから、と結んでいる[16]
  • 2010年出版の『A3』(集英社インターナショナル)で第33回講談社ノンフィクション賞受賞。この賞に対し、日本脱カルト協会代表理事の西田公昭立正大学教授や教団の問題に取り組んできた滝本太郎弁護士やライターの青沼陽一郎らは、「松本死刑囚からの指示を認定した確定判決にほとんど触れず、ノンフィクションとは言えない」と批判し、2011年9月1日付で講談社に抗議書[17]を郵送し、9月2日に記者会見を行った。
  • 前述の抗議書に対して森は『』で反論し公開論争を呼び掛け『創』が滝本太郎に提案したが、経過について行き違いがあり[18]、滝本は討論する意義はないとして応じず[19]、森も黙殺するといって議論にならなかった[20]
  • 一人目の妻は看護師で、二人の子供を儲けた。再婚した妻はライターの山崎広子。
  • 神戸連続児童殺傷事件の加害者「元少年A」が出版した絶歌について、被害者遺族が「手記を出版されたくない」と感じるのは当たり前だが「出版をやめさせて本を回収すべきだ」という意見に対しては言論や表現を封殺してよいのかとの疑問を感じる。論理も大事だと訴えたい。禁書焚書を生む社会が個人に優しい社会とは思えない。出版に際し遺族の了解を得るべきだったとの意見もあるが、「そうすべきだった」とは言いたくない。遺族の事前了承を出版が必要とする社会ルールにすれば、加害者の経験や思いがブラックボックスに入ってしまう可能性がある。「意味のある本だから出版されるべきだ」ではなく、「多くの人が納得できる意味づけがなければ出版されるべきではない」という空気が強まることが心配と語っている[21]
  • 従軍慰安婦について、多くの韓国人女性が、自分たちは強制的に連行されたと訴えている。ならば現場レベルでは(国家とか組織とか個人とか多少とか関係なく)絶対に強制はあった。文書や資料が見つかっていないことだけを理由にして、国家は関与していないとか軍は組織的に関わっていないとの言説は成り立たないと主張[22]
  • 北朝鮮について、2018年4月28日に「(北朝鮮国営の)朝鮮中央通信が、今の自分の思いを代弁してくれた。」と北朝鮮への制裁緩和をしないことを批判する北朝鮮メディアに賛同との主張[23]

映像作品[編集]

劇場映画[編集]

TVドキュメンタリー[編集]

  • ミゼットプロレス伝説 〜小さな巨人たち〜(1992年
  • ステージ・ドア(1995年
  • 教壇が消えた日(1997年)
  • 職業欄はエスパー(1998年
  • 放送禁止歌 〜歌っているのは誰? 規制しているのは誰?〜(1999年
  • 1999年のよだかの星(1999年)
  • ドキュメンタリーは嘘をつく(2006年) - 企画・監修
  • 知るを楽しむ「私のこだわり人物伝」(2008年7月) - 「愛しの悪役レスラーたち」というテーマで講師

TVドラマ[編集]

映画出演[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『「A」撮影日誌―オウム施設で過ごした13カ月』 現代書館、2000年6月。ISBN 4768476872。
  • 『放送禁止歌』 解放出版社、2000年7月。ISBN 4759254102。
  • 『スプーン―超能力者の日常と憂鬱』 飛鳥新社、2001年3月。ISBN 4870314509。
  • 改題『職業欄はエスパー』 - 角川書店、2002年9月 ISBN 4043625022
  • 『A―マスコミが報道しなかったオウムの素顔』 角川書店、2002年1月。ISBN 4043625014。
  • 『世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい』 晶文社、2003年4月。ISBN 4794965672。
  • 『ベトナムから来たもう一人のラストエンペラー』 角川書店、2003年8月。ISBN 4048838288。
  • 改題『クォン・デ―もう一人のラストエンペラー』 - 角川文庫、2007年7月 ISBN 4043625049
  • 『池袋シネマ青春譜』柏書房、2004年3月 ISBN 4760124969
  • 『下山事件(シモヤマ・ケース)』新潮社、2004年2月18日 ISBN 4104662011
  • 『世界が完全に思考停止する前に』角川書店、2004年11月 ISBN 4048839004
    • 角川文庫、2006年7月 ISBN 4043625030
  • 『いのちの食べかた』(よりみちパン!セシリーズ)理論社、2004年12月、ISBN 465207803X。イースト・プレス、2011年7月、ISBN 978-4781690025
    • 角川文庫、2014年6月 ISBN 9784041013328
  • 『ドキュメンタリーは嘘をつく』草思社、2005年3月 ISBN 4794213891
  • 『こころをさなき世界のために 親鸞から学ぶ 地球幼年期のメソッド』洋泉社、2005年4月 ISBN 4896919092
  • 『悪役レスラーは笑う―「卑劣なジャップ」グレート東郷』岩波書店、2005年11月 ISBN 4004309824
  • 『送還日記 映画送還日記公式パンフレット』リトルモア、2005年2月23日 ISBN 489815171X
  • 『世界を信じるためのメソッド ぼくらの時代のメディア・リテラシー』理論社、2006年12月 ISBN 4652078218。イースト・プレス、2011年 ISBN 978-4-7816-9019-3
  • 『東京番外地』新潮社、2006年11月16日 ISBN 410466202X
    • 新潮文庫、2009年7月28日 ISBN 4101300720
  • 『日本国憲法』太田出版、2007年1月17日 ISBN 4778310357
  • 『王様は裸だと言った子供はその後どうなったか』集英社、2007年8月 ISBN 4087204057
  • 『ぼくの歌・みんなの歌』講談社、2007年10月26日 ISBN 4062141949
  • 『死刑 人は人を殺せる でも人は、人を救いたいとも思う』朝日出版社、2008年1月10日 ISBN 4255004129
  • 『視点をずらす思考術』講談社、2008年2月21日 ISBN 4062879301
  • 『メメント』実業之日本社、2008年8月29日 ISBN 4408535389
  • 『それでもドキュメンタリーは嘘をつく』角川文庫、2008年9月25日 ISBN 4043625057
  • 『東京スタンピード』毎日新聞社、2008年12月13日 ISBN 462010731X
  • 『マジョガリガリ』エフエム東京、2009年2月26日 ISBN 488745211X
  • 『ドキュメント・森達也の「ドキュメンタリーは嘘をつく」』キネマ旬報社、2009年3月26日 ISBN 4873763118
  • 『きみが選んだ死刑のスイッチ』(よりみちパン!セ シリーズ)理論社、2009年5月 ISBN 4652078455
  • 『神さまってなに?』(14歳の世渡り術)河出書房新社、2009年6月11日 ISBN 4309616461
  • 『誰が誰に何を言ってるの?』大和書房、2010年2月23日 ISBN 4479392009
  • 『首都圏生きもの記』学習研究社、2010年3月17日 ISBN 4054045111
  • 『極私的メディア論』創出版、2010年10月25日 ISBN 4904795075
  • 『A3』集英社インターナショナル、2010年11月26日 ISBN 9784797671650 第33回講談社ノンフィクション賞受賞
  • 『オカルト 現れるモノ、隠れるモノ、見たいモノ』角川書店、2012年4月10日 ISBN 4041101964
  • 「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい:正義という共同幻想がもたらす本当の危機』 ダイヤモンド社、2013年8月。ISBN 978-4478006832。
  • 『たったひとつの「真実」なんてない: メディアは何を伝えているのか?』筑摩書房、2014/11/5
  • 『FAKEな平成史』 KADOKAWA、2017年9月22日
  • 『ニュースの深き欲望』 朝日新聞出版、2018年3月13日

共著[編集]

  • 安岡卓治)『A2』 - 現代書館、2002年3月 ISBN 4768476821
  • 河野義行他)『報道は何を学んだのか―松本サリン事件以後のメディアと世論』 - 岩波書店、2004年10月 ISBN 4000093363
  • 姜尚中)『戦争の世紀を超えて―その場所で語られるべき戦争の記憶がある』
    • 講談社、2004年11月 ISBN 4062126699
    • 集英社、2010年2月19日 ISBN 4087465349
  • 鈴木邦男斎藤貴男)『言論統制列島―誰もいわなかった右翼と左翼』 - 講談社、2005年6月28日 ISBN 4062129779
    • 改題『言論自滅列島』 -河出文庫、2011年3月4日 ISBN 4309410715
  • 佐野眞一溝口敦等)『メディアの権力性 (ジャーナリズムの条件 3)』 - 岩波書店、2005年4月
  • 宮台真司他『サブカル「真」論』 - ウェイツ出版、2005年9月 ISBN 4901391666
  • 森巣博)『ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人』 - 集英社、2005年10月 ISBN 408720314X
  • 代島治彦)『森達也の夜の映画学校』 - 現代書館、2006年4月 ISBN 4768476775
  • (斎藤貴男)『日本人と戦争責任―元戦艦武蔵乗組員の「遺書」を読んで考える』 - 高文研、2007年4月 ISBN 4874983790
  • (鈴木邦男・宮台真司他)『映画「靖国」上映中止をめぐる大議論』 - 創出版、2007年6月26日 ISBN 4924718882
  • 島田裕巳他)『日本一早い平成史』 - ゴマブックス、2009年5月28日 ISBN 4777113566
  • 藤井誠二)『死刑のある国ニッポン』 - 金曜日、2009年8月 ISBN 9784906605576 死刑存置派の藤井誠二との対談 2015年11月6日、河出書房新社から文庫化
  • 蓮池透・鈴木邦男・池田香代子)『拉致〈2〉左右の垣根を超える対話集』 - かもがわ出版、2009年12月 ISBN 4780303133
  • (江崎満他)『人間といういのちの相II―今いのちがあなたを生きている』 - 東本願寺出版部、2009年12月15日 ISBN 4834104117
  • 毎日小学生新聞) 『僕のお父さんは東電の社員です』-現代書館、2011年11月25日 ISBN 4768456715
  • 安岡卓治他) 『311を撮る』-岩波書店、2012年3月3日 ISBN 4000230492

対談集[編集]

  • 『世界と僕たちの、未来のために 森達也対談集』作品社、2006年1月 ISBN 4861820669
  • 『豊かで複雑な、僕たちのこの世界 森達也対談集』作品社、2007年8月29日 ISBN 4861821436

脚注[編集]

  1. ^ a b 森 & 安岡 2002, p. 239.
  2. ^ 専任教員紹介”. 明治大学. 2013年7月9日閲覧。
  3. ^ 特集vol.39 森達也(作家・映画監督) インタビュー”. CINRA. 2015年10月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e 第5回ドキュメンタリー作家 森達也さん”. 株式会社アイ・キュー. 2013年7月9日閲覧。
  5. ^ a b c 森達也プロフィール 森達也オフィシャルウェブサイト”. 2013年7月9日閲覧。
  6. ^ NONFIX : 1998年オンエア作品”. フジテレビ. 2013年7月9日閲覧。
  7. ^ NONFIX : 1999年のよだかの星”. フジテレビ. 2013年7月9日閲覧。
  8. ^ NONFIX : 放送禁止歌~唄っているのは誰? 規制するのは誰?~”. フジテレビ. 2013年7月9日閲覧。
  9. ^ 森 & 安岡 2002, pp. 188-196.
  10. ^ 鈴木邦男・斎藤貴男・森達也 『言論統制列島 - 誰もいわなかった右翼と左翼』 講談社、2005年6月28日、10頁。ISBN 978-4062129770。
  11. ^ 映画監督・森達也が新有権者へメッセージ「棄権していい。へたに投票しないでくれ」 - 政治・国際 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]”. 集英社 (2016年7月6日). 2018年10月26日閲覧。
  12. ^ 佐村河内氏ゴーストライター騒動が映画化 来年公開 - 日刊スポーツ 2015年5月7日
  13. ^ a b c d e f 森 & 安岡 2002, p. 212.
  14. ^ 森 2006, pp. 84,119-120.
  15. ^ 柴田哲孝完全版 下山事件 最後の証言』 祥伝社文庫 [し-8-3] ISBN 978-4396333669、400-403p。車種がビュイックナッシュか、という点であり、「車体後部が鳥の羽のように広がっていた」と述べられているが、ビュイックもナッシュもそのような構造ではない。同書401pに『浅井貞彦写真集 60年代街角で見たクルマたち』(三城書房)から引用された写真が掲載されている。
  16. ^ 森 2006, pp. 400-406.
  17. ^ 西田公昭 (2011年9月1日). “講談社への抗議書全文 (PDF)”. 日本脱カルト協会. 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月9日閲覧。
  18. ^ 森達也『A3』講談社ノンフィクション賞受賞めぐる応酬”. 創出版 (2011年9月7日). 2013年7月9日閲覧。
  19. ^ 滝本太郎 (2012年3月19日). “公開討論云々-森達也氏”. 2013年7月9日閲覧。
  20. ^ 是々非々にて候。 「オウムは自分の既得権益」と断言する森達也の見識”. 青沼陽一郎. 2018年6月16日閲覧。
  21. ^ “加害者は語りうるか 「絶歌」出版を考える:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. (2015年6月22日). オリジナルの2016年5月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160522123131/http://www.asahi.com:80/articles/ASH6P7TT0H6PUCLV00D.html 
  22. ^ 森達也 (2013年5月29日). “橋下市長の慰安婦問題発言は、女性はもちろん、男性をも蔑むものだ|森達也 リアル共同幻想論|ダイヤモンド・オンライン”. ダイヤモンド社. 2018年10月26日閲覧。
  23. ^ MoriTatsuyaInfoのツイート(990354667212230656)
  24. ^ 緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2019年1月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • 森達也・安岡卓治 『A2』 現代書館、2002年4月10日。ISBN 978-4768476826。
  • 森達也 『下山事件』 新潮社〈新潮文庫〉、2006年11月。ISBN 978-4101300719。

関連項目[編集]