森重敏 (国語学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森重敏(もりしげ さとし、1922年 - 2007年5月28日)は、日本国語学者国文学者奈良女子大学名誉教授

人物[編集]

鹿児島県鹿児島市生まれ。1945年京都帝国大学国文科卒。京都女子大学教授、奈良女子大学助教授、教授、1986年定年退官、名誉教授、天理大学教授、1996年退任。没後正四位叙勲。

著書[編集]

  • 『日本文法通論』風間書房 1959
  • 紫式部日記新釈』曽沢太吉共著 武蔵野書院 1964
  • 『日本文法 主語と述語』武蔵野書院 1965
  • 『文体の論理』風間書房 1967
  • 『日本文法の諸問題』笠間書院 1971
  • 『発句と和歌 句法論の試み』笠間書院、1975
  • 『上代特殊仮名音義 五十音図的音韻体系の論』和泉書院 1984
  • 『続・上代特殊仮名音義』和泉書院 1987
  • 『日本文法 主語と述語』武蔵野書院 1988
  • 和泉式部和歌抄稿 八代集撰入』和泉書院 1989
  • 『万葉集栞抄』和泉書院 1992
  • 『和泉式部和歌抄稿 十三代集撰入』和泉書院 1993
  • 『万葉集栞抄』第2-5 和泉書院 1995-2002
  • 西行法師和歌講読』和泉書院 1996

記念論集[編集]

  • 『ことばとことのは 森重先生喜寿記念』刊行会編 和泉書院 1999

参考[編集]

  • [1]
  • 森重敏教授研究業績目録 (森重敏教授退職記念号) 山辺道 (天理大学),1996-03
  • 読売新聞訃報、叙勲記事