森野樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

森野 樹(もりの いつき)は日本小説家ライトノベル作家。2011年3月、『レッドアローズ』(講談社BOX)で単行本デビューした。

略歴[編集]

単行本デビュー作の『レッドアローズ』は、第5回講談社BOX新人賞“Powers”のPowers受賞作。受賞以前の2009年4月、講談社BOXの文芸誌『パンドラ』の「下剋上ボックス」コーナーに短編「よちよち中吉、二十歳待ち」が掲載されている。

作品リスト[編集]

単行本
  • レッドアローズ (講談社BOX、2011年3月、ISBN 978-4-06-283770-5) - イラスト:ヤスダスズヒト
  • 転転転校生生生 (講談社BOX、2011年7月、ISBN 978-4-06-283778-1) - イラスト:ぷちでびる
    • 講談社BOXのアンソロジー『Powers Selection[新走]』(2011年5月)に掲載された同題の作品の加筆単行本化
短編
  • よちよち中吉、二十歳待ち (『パンドラ』Vol.3、講談社、2009年4月)
ショートショート連載
  • 非現実さん (電子雑誌『BOX-AiR』零号(2011年2月)より23号(2013年2月)まで連載 / 13号と20号は休載、全22回掲載)

参考文献[編集]

  • 『レッドアローズ』および『転転転校生生生』の著者紹介