森雅志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
森 雅志
もり まさし
生年月日 (1952-08-13) 1952年8月13日(66歳)[1]
出生地 富山県富山市[1]
出身校 中央大学法学部卒業[1]
所属政党自由民主党→)
無所属
称号 法学士
公式サイト 森のひとりごと

当選回数 4回
在任期間 2005年4月24日 - 現職

Flag of Toyama, Toyama.svg (旧)富山市長
当選回数 1回
在任期間 2002年1月26日 - 2005年3月31日

選挙区 富山市選挙区
当選回数 2回
在任期間 1995年4月30日 - 2002年
テンプレートを表示

森 雅志(もり まさし、1952年8月13日[1] - )は、日本政治家司法書士富山県富山市長(新市4期、旧市1期)。元富山県議会議員(2期)。2013年から内閣府地方分権改革有識者会議議員[2]

来歴[編集]

富山県富山市生まれ[1]富山県立富山中部高等学校中央大学法学部卒業[1]1977年司法書士行政書士事務所を開設[1]

1995年富山県議会議員選挙に出馬し初当選[1]1999年に再選[1]。県議時代は自由民主党に所属した[3]2002年、富山県議を任期途中で辞職し、旧富山市長選挙に出馬し初当選。

2005年、市町村合併のため実施された富山市長選挙に出馬し、当選。「権力は10年経てば腐る」として首長の多選に批判的だったが、2016年12月7日、任期満了に伴う市長選に4期目の出馬を表明し[4][5]2017年4月、自民党・民進党公明党の推薦を受け4選[6]。‪2019年6月、4期目が終わる2021年春での退任を表明[7]。‬

政策[編集]

  • 2018年8月2日、LGBTへの支援策である同性パートナーシップ制度について、「社会的要請があるとはまったく感じていない」「社会的要請がそれほどないと考えるのが普通の見方。皮膚感覚としても、まったく感じていない」と述べ、導入を検討する考えがないことを明らかにした[9]

人物[編集]

  • 私費による海外視察に積極的[10]ヨハネス・フェルメールの絵画鑑賞を趣味とし、2013年までに現存する各地のフェルメール作品35作品のうち34作品を制覇したという[10]
  • 韓国と日本の間に歴史上深い関係があるとして、森は韓国に「自らの遺伝子のルーツ」を感じるという[11]2012年8月10日に当時の李明博韓国大統領が竹島に上陸したことについて、竹島は日本固有の領土であり、大統領の竹島上陸は許し難い行為であるとし、これ以後、自身は韓国を訪問していない[要出典]
  • 2011年ニュージーランド地震で、ニュージーランドで研修中だった市立の富山外国語専門学校の生徒ら23人が巻き込まれ12人が死亡したことについて、遺族が学校側の安全管理が不行き届きであったとして同校に提出した質問状に対し、「今回の語学研修は富山市主催でも学校の公式行事でもなく、生徒が自己責任で参加したものである」と述べ、「この間、失礼な文章で面会したいというお手紙が来たから、即断りました」[12]などと発言した。遺族側は人格権を侵害され、名誉を傷つけられたと主張。亡くなった学生3人の遺族が2014年2月28日、森の発言で精神的苦痛を受けたとして、市を相手に慰謝料300万円を求める訴訟を富山地裁に起こした[13]。2015年11月25日、富山地方裁判所は市の責任を認め慰謝料として60万円の支払いを命じた[14]

著書[編集]

  • 『森のひとりごと』北日本新聞社、2004年。ISBN 978-4906678990。
  • 『森のよた話 森雅志講演録』北日本新聞社、2011年。ISBN 978-4861750526。
  • 『やっぱり森のひとりごと』北日本新聞社、2012年。ISBN 978-4861750694。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i Profile、森雅志公式サイト。
  2. ^ 第1回地方分権改革有識者会議 議事次第・配布資料 名簿
  3. ^ 富山県議選 平成11年 - 選挙マニア 選挙資料室
  4. ^ チューリップテレビニュース 過去には多選批判も 森富山市長が4選出馬表明2016年12月07日(水)
  5. ^ “富山市長選 森市長、4選出馬表明 環境政策「大きな責任」 /富山”. 毎日新聞. (2016年12月8日). https://mainichi.jp/articles/20161208/ddl/k16/010/257000c 2018年8月6日閲覧。 
  6. ^ “富山市長選 森さんが4選 実績強調、幅広く浸透 /富山”. 毎日新聞. (2018年4月17日). https://mainichi.jp/articles/20170417/ddl/k16/010/235000c 2018年8月6日閲覧。 
  7. ^ {{Cite news‬ ‪|url= https://r.nikkei.com/article/DGXMZO46719960Y9A620C1LB0000‬ ‪|title= 森・富山市長、21年春退任を表明 街づくりで「達成感」‬ ‪|newspaper=毎日新聞‬ ‪|date=2019-06-28‬ ‪|accessdate=2019-06-30‬ ‪}}
  8. ^ 富山市『ふるさとメール富山市』No.4362010.12.03発行
  9. ^ “同性パートナー制度導入、市長「要請感じない」”. 読売新聞. (2018年8月3日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20180802-OYT1T50113.html 2018年8月6日閲覧。 
  10. ^ a b 森雅志・富山市長:時事ドットコム 2013年
  11. ^ 森雅志 (1998年10月). “韓国と私”. 2014年8月7日閲覧。
  12. ^ 市長定例記者会見・平成24年6月29日(金曜日)”. 富山市役所 (2012年6月29日). 2015年11月25日閲覧。
  13. ^ “NZ地震遺族、富山市を提訴=「市長発言で苦痛」―地裁-”. 時事通信社. (2014年2月28日19時44分). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201402/2014022800923&g=soc 
  14. ^ “市長発言で遺族名誉傷つけられ…市に支払い判決”. 読売新聞. (2015年11月25日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20151125-OYT1T50164.html 2015年11月25日閲覧。 
  15. ^ 『富山県人名録』北日本新聞社、812頁。