椅子山 (潜水艦母艇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

椅子山(いすざん)は日本海軍潜水艦母艇

艦名の由来は旅順北方にある日清戦争日露戦争で戦場となった高地「椅子山」。

元はロシアの客船(曳船とする資料もある)で旅順大連間を運行、排水量は200トンクラスの小艇だった。日露戦争により1905年(明治38年)に捕獲、1906年(明治39年)7月23日に雑役船(潜水艇母船)「椅子山丸」と命名、使用された。1920年(大正9年)7月1日に特務艇(潜水艦母艇)に編入し「椅子山」と改名。1922年(大正11年)4月1日に除籍された。

案子山丸

案子山丸(あんしざんまる)は同じく日露戦争で捕獲された元ロシア船。同じく旅順北方の高地の名前による命名でテーブル山の意味。雑役船に編入、特務艇には編入されなかった。

参考文献

  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』(光人社、1993年) ISBN 4-7698-0386-9

関連項目

今日は何の日(8月24日

もっと見る