植木等デラックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
植木等デラックス
ジャンル トークバラエティ番組
放送時間 日曜 23:00 - 23:30(30分)
放送期間 1991年4月7日 - 1992年10月4日
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送
演出 高田一
植木善晴
花堂純次
伊藤裕紀
プロデューサー 本庄純
出演者 植木等
長野智子
オープニング (週替わり)→「スーダラ節」(植木等。前期まで)
エンディング 「花と小父さん」(植木等)ほか
テンプレートを表示

植木等デラックス』(うえきひとしデラックス)は、1991年4月7日から1992年10月4日まで、TBS系列(ただし一部系列局除く)[1]で放送された毎日放送制作のトークバラエティ番組である。JT一社提供番組。放送時間は、毎週日曜 23:00 - 23:30(JST)。

概要[編集]

1990年代初頭に「スーダラ節」のCD再発売や「スーダラ伝説」の発売で再ブームとなっていた植木等冠番組である。毎回、植木が様々なゲストを迎えてトークを展開していた。

番組冒頭では植木が、まず始めに「スーダラ伝説」構成曲の内「スーダラ節」以外の曲(週替わり)[2]を歌い、最後は同じく「スーダラ伝説」から「スーダラ節」を歌った[3]。また、この歌に合わせてバックで踊りたい人を番組で募集し、一般人のグループが植木と一緒にスーダラ節の振りを踊るコーナーも放送された。なお番組後期では冒頭の歌は廃止された。後期はアルバム「スーダラ外伝」のクレイジー映画の挿入歌やシングル「今日もやるぞやりぬくぞ」から「やせがまん節」と「無責任数え唄」を披露した。いつもサビで「イエーイ!」と雄叫びを上げていた。しかし、植木等とクレイジーキャッツブームが僅か1年で収まった為、打ちきられた。

出演者[編集]

エンディングテーマ[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:森泉博行
  • 演出:高田一、植木善晴、花堂純次、伊藤裕紀
  • プロデューサー:本庄純
  • 制作協力:渡辺プロダクション、創都
  • 製作著作:毎日放送

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北陸放送では北陸朝日放送テレビ朝日系列)が開局した1991年10月より本番組のネットが開始された。
  2. ^ 原則として1曲だが、『だまって俺についてこい』・『いろいろ節』は合わせて歌った(『スーダラ伝説』では『いろいろ節』は極めて短いため)。また『ハイそれまでヨ』はAメロは1番だが、Bメロ以降は3番を歌った。
  3. ^ オケは「スーダラ伝説」のもの。また冒頭部では無く、コーダ部分を一部省略して歌った。
毎日放送TBS系列 日曜23時台前半 JT一社提供
前番組 番組名 次番組
植木等デラックス
(1991年4月 - 1992年10月)
【当番組までトーク番組】