植村家久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
植村 家久
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦2年1月26日1752年3月11日
死没 安永7年12月2日1779年1月19日
改名 九郎八・新六郎(幼名)、家久
戒名 頓悟宗円諦観院
墓所 奈良県高市郡高取町上子島の宗泉寺
官位 従五位下、出羽
幕府 江戸幕府
大和国高取藩
氏族 植村氏
父母 父:植村家道、母:於増(於多世、栄秀院)
兄弟 家久家長、佐野義行、家利、要之助、隼太
正室:本多忠敞の娘・於歌
鉄吉、養子:家利

植村 家久(うえむら いえひさ)は、大和高取藩の第7代藩主。

宝暦2年(1752年)1月26日、第6代藩主・植村家道の長男として高取で生まれる。明和4年(1767年)、父の死去により跡を継いだ。藩政においては、89か条からなる「定書」を制定し、倹約に努めたという。安永7年(1778年)12月2日、高取で死去した。享年27。跡を弟の家利が継いだ。