植村家保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
植村 家保
Uemura Ieyasu.jpg
時代 江戸時代後期(幕末) - 明治時代
生誕 天保8年7月1日1837年8月1日
死没 明治29年(1896年10月8日
改名 嬬・熊之助(幼名)、家保
戒名 恵厚稟聖憲譲院
墓所 奈良県高市郡高取町上子島の宗泉寺
官位 従五位下、出羽守、駿河守、
正五位下、権少教正、従四位、正四位
幕府 江戸幕府
大和国高取藩
氏族 本多氏植村氏
父母 父:本多康禎、養父:植村家興
兄弟 本多康融朽木綱張谷衛弼本多康穣
家保
正室:水野忠義の娘・照慈院
淳之助、臨太郎、観二郎、墳三郎
幸子(本多康虎正室)、養子:家壷

植村 家保(うえむら いえやす / いえもり)は、大和高取藩の第13代藩主。

生涯[編集]

天保8年(1837年)7月1日、近江膳所藩主・本多康禎の七男として生まれる。嘉永6年(1853年)に高取藩の第12代藩主・植村家興が急死したため、その末期養子となって家督を継いだ。

幕命により外国船到来に備えて、警備を担当する一方で、安政2年(1855年)に桜田門番・竹橋門番に任じられ、12月には御所造営の奉行を担当し、文久元年(1861年)には和田倉門番・馬場先門番に任じられるなど、諸役を歴任した。文久3年(1863年)には天誅組の変天誅組と戦い、勝利した。元治元年(1864年)2月、大坂加番に任じられる。

慶応4年(1868年)の戊辰戦争では、新政府に与して京都御所の警備を務めた。慶応4年(1868年)閏4月14日、養子の家壷に家督を譲って隠居する。

明治18年(1885年)4月に正五位に叙位する。明治19年(1886年)4月に権少教正に任官し、明治21年(1888年)9月には大和神社宮司となった。明治29年(1896年)10月8日に死去した。享年60。