植村家興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
植村 家興
時代 江戸時代後期
生誕 天保6年(1835年
死没 嘉永6年7月17日1853年8月21日
改名 大蔵(幼名)、家興
戒名 彰感円通映顕院
墓所 東京都港区の如来寺
幕府 江戸幕府
大和国高取藩
氏族 大村氏植村氏
父母 父:大村純昌、養父:大村純顕のち植村家貴
兄弟 大村純顕阿部正備、高木寅純、小出英教
大村純熈家興
実子:なし、養子:家保

植村 家興(うえむら いえおき)は、大和高取藩の第12代藩主。

天保6年(1835年)、肥前大村藩主・大村純昌の十一男として生まれる。はじめ実兄の大村純顕の養子として迎えられていたが、高取藩の第11代藩主・植村家貴の養子として迎えられ、嘉永6年(1853年)の家貴の死去により、4月22日に家督を継いだ。しかし養父の後を追うように、7月17日に死去した。享年19。このため、末期養子として迎えられた家保が跡を継いだ。

血筋[編集]

植村氏の女系子孫である。

植村家包大村純保室―大村純鎮大村純昌―植村家興