植村家長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

植村 家長(うえむら いえなが、宝暦3年5月21日1753年6月22日) - 文政11年10月12日1828年11月18日))は、江戸時代中期の大名老中格大和高取藩9代目藩主。第6代藩主植村家道の次男。正室は松平忠恕の娘。子には植村家教(三男)、植村家貴(四男)、娘(加納久慎正室)、娘(小笠原長禎継室)、娘(松平勝升正室)らがいる。官位は従四位下、駿河守。

生涯[編集]

弟で第8代藩主の家利の急死により、家長が養子となって家督を相続した。

幕府では47歳より久しく若年寄を勤め、72歳にして特に老中格となって老中待遇を受けた。在職のまま死去した。老中在職は文政8年(1825年)4月18日から文政11年(1828年)10月12日。老中就任とともに4500石の加増を受けている。家長死後、家督は長男の家教が相続した。

経歴[編集]