植村政泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
植村政泰
時代 江戸時代前期
生誕 慶長5年(1600年
死没 寛永13年2月28日1636年4月4日
別名 通称:平右衛門、主水
墓所 浅草の大松寺
幕府 江戸幕府旗本
主君 徳川秀忠
氏族 植村氏
父母 父:植村泰忠、母:本多出雲守娘
兄弟 泰勝政泰植村家政正室
則泰

植村 政泰(うえむら まさやす)は、江戸時代前期の旗本

植村氏清和源氏の一流である摂津源氏の流れを汲む美濃源氏の嫡流・土岐氏の末裔を称する。

徳川秀忠小姓となり、のちに大番に列する。常陸国鹿島郡で100石を領する。