植村義信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
植村 義信
Uemura Yoshinobu.jpg
1954年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県芦屋市
生年月日 (1935-01-05) 1935年1月5日(83歳)
身長
体重
179 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1953年
初出場 1953年3月30日
最終出場 1961年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

植村 義信(うえむら よしのぶ、1935年1月5日 - )は、兵庫県芦屋市出身の元プロ野球選手投手)・プロ野球監督・プロ野球コーチ。息子はフジテレビプロデューサーの植村義勝。

経歴[編集]

芦屋高等学校では、杉谷和男(大映)の1学年下、本屋敷錦吾阪急阪神)の1学年上。2年生の夏から3回連続で甲子園に出場。1951年選手権では準々決勝に進出するが、怪童・中西太を擁する高松一高に敗退[1]。同年秋の広島国体では決勝に進むが、広島観音高に敗退。この大会の準々決勝では尾道西高を相手にノーヒットノーランを記録する。

1952年選抜では、2回戦で平安高に敗れる[2]。同年の選手権は、準々決勝で森永勝治を擁する柳井商工を完封するなど順調に勝ち進む。決勝では八尾高木村保に投げ勝ち初優勝を飾った[1]。同年秋の東北3県国体にも出場。決勝に進むが盛岡商に敗れ、2年連続準優勝に終わる。

1953年毎日オリオンズへ入団。エースナンバー18をつけ、2年目から一軍で活躍。4年目の1956年には19勝を挙げ、最高勝率のタイトルを獲得した。1957年の開幕戦では最少投球数(71球)で完投勝利を収めたが [3]、その後は相次ぐ故障や赤痢の影響もあり、1961年に26歳で現役を引退した。

その後は、5球団で36年間にわたり指導者を務めた。1962年から1973年まで大毎・東京・ロッテ、1974年から1978年まで阪急、1979年にはヤクルト(シーズン途中で解任)、1980年から1983年まで日本ハム1986年から1988年まで阪急、1989年から1991年までロッテ、1992年から1994年まで巨人(二軍担当)、1997年から2000年まで千葉ロッテでコーチを歴任した。東京の投手コーチだった1967年のドラフト1位指名を濃人渉監督から一任され、村田兆治の指名を進言した[4]

1984年には大沢啓二前監督の推薦で日本ハムの監督に就任。キャンプから休日なしの熱血指導、門限の徹底などを行ったが、成績不振のためシーズン途中の6月で辞任した[5]

コーチ時代は空手三段の特技を生かし、投球に空手の呼吸法を生かしたり、股関節や内転筋強化の特殊メニューを考案するなど、個性的なトレーニング法で知られた。監督・コーチ業の合間を縫って、関西テレビで解説(1995年 - 1996年)を行っていたほか、2011年までは少年野球・東京ベイボーイズの総監督を務めていた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1953 毎日
大毎
9 8 0 0 0 1 5 -- -- .167 154 34.1 30 2 22 -- 0 27 0 1 18 17 4.37 1.51
1954 46 18 5 0 0 9 15 -- -- .375 876 216.0 170 8 73 -- 0 128 4 0 67 54 2.25 1.13
1955 50 23 5 1 3 17 10 -- -- .630 900 220.0 196 5 61 0 0 146 9 0 71 52 2.13 1.17
1956 58 21 6 4 3 19 5 -- -- .792 925 232.2 191 10 37 1 0 161 5 0 75 52 2.01 0.98
1957 47 21 4 0 1 8 16 -- -- .333 744 183.1 152 18 43 4 7 124 6 0 70 58 2.84 1.06
1958 35 13 4 0 1 3 9 -- -- .250 532 125.1 118 12 29 0 6 82 1 0 63 54 3.86 1.17
1959 47 26 5 1 1 14 8 -- -- 636 739 181.2 148 17 40 1 4 126 1 0 67 59 2.92 1.03
1960 11 1 0 0 0 1 1 -- -- .500 77 16.0 17 2 8 0 1 11 1 0 16 13 7.31 1.56
1961 19 0 0 0 0 2 0 -- -- 1.000 118 30.2 25 5 5 0 0 27 0 0 13 11 3.19 0.98
通算:9年 322 131 29 6 9 74 69 -- -- .517 5065 1240.0 1047 79 318 6 18 832 27 1 460 370 2.69 1.10
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 毎日(毎日オリオンズ)は、1958年に大毎(毎日大映オリオンズ)に球団名を変更
芦屋高校時代

通算監督成績[編集]

  • 67試合 21勝 37敗 9分 勝率.362

タイトル[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 18(1953年 - 1961年)
  • 62(1962年)
  • 63(1963年 - 1965年)
  • 53(1966年 - 1972年)
  • 83(1973年、1997年 - 2000年)
  • 60(1974年 - 1978年、1984年)
  • 73(1979年)
  • 81(1980年 - 1983年)
  • 80(1986年 - 1991年)
  • 86(1992年 - 1994年)

出演[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 【3月30日】1957年(昭32) 開幕初先発右腕 半世紀以上破られていない日本記録達成 スポーツニッポン
  4. ^ 週刊現代 (2017年7月15日号). “週現『熱討スタジアム』「マサカリ投法」村田兆治を語ろう 袴田英利×福本豊×植村義信”. 講談社: 142–145頁. 
  5. ^ 【6月28日】1984年(昭59) 植村義信監督 近鉄戦未勝利で辞任 後見人・大沢親分急復帰 スポーツニッポン

関連項目[編集]