植松直哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
植松 直哉
基本情報
本名 植松 直哉
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-09-10) 1978年9月10日(41歳)
出身地 静岡県富士宮市
所属 SHOOTO GYM K'z FACTORY
クロスポイント吉祥寺
→ネクサセンス
身長 162cm
体重 60kg
階級 バンタム級
バックボーン 柔道サンボ柔術ムエタイ
テンプレートを表示

植松 直哉(うえまつ なおや、1978年9月10日 - )は、日本男性総合格闘家静岡県富士宮市出身。ネクサセンス所属。サンボ初段。柔道二段。ブラジリアン柔術黒帯。一般社団法人日本ブラジリアン柔術連盟(JBJJF)理事・審判部長。一般社団法人日本サンボ連盟理事・強化委員、審判委員長。一般社団法人日本MMA審判機構(JMOC)副会長。

来歴[編集]

高校時代にサンボの大会で頭角を現した。

1997年12月20日、ザ・トーナメント・オブ・J '97 軽量級トーナメント決勝で宇野薫と対戦し、開始23秒アキレス腱固めで一本勝ち。

1998年9月18日、史上最年少(20歳)でプロ修斗デビュー。

2000年9月、朝日昇に判定勝ち。

2001年春、タイでウイルス性急性腸炎を患い生死の境をさまよったが、同年11月26日の修斗での渡辺孝との柔術マッチで復帰を果たした。

2004年3月、ジェンス・パルヴァーにKO負け。2004年6月、門脇に一本勝ち。2005年5月、ギルバート・メレンデスにTKO負け。

2005年7月、世界柔術選手権の茶帯ペナ級に出場。決勝では佐々幸範と初の日本人同士の対決となったが、ポイント0-2で敗退。準優勝となった。

2006年4月15日、グラップリング大会トーナメント・オブ・プロズのスーパーファイトでジェフ・グローバーに勝利したことから世界レベルのグラップラーとして名が知られるようになる。

2006年5月26日、カリフォルニア州で行われたグラップリング大会L.A. SUB-Xでレオナルド・ヴィエイラと対戦。2Rにスリーパーホールドで敗れたが、払い腰でヴィエイラをテイクダウンした。

2006年7月1日、Gladiator Challengeバンタム級(-66kg)王座決定戦でユライア・フェイバーと対戦し、パウンドでTKO負けを喫し王座獲得に失敗した。

2007年5月、アブダビコンバット66kg未満級に出場。1回戦でハビエル・バスケスに勝利したものの、2回戦で鈴木徹(徹肌ィ郎)に0-5のポイント負けを喫した。

2007年12月15日、第1回世界ノーギ柔術選手権の黒帯ペナ級に出場。1回戦でシェーン・ライスと対戦し、4-8のポイント負け[1]

2008年4月5日、CAGE FORCE 06でジェームス・ドゥーランと対戦し、ヒールホールドで一本勝ち。

2008年10月23日、DEEP 38 IMPACTでDJ.taikiと対戦予定であったが、右肩(右腱鎖骨)を負傷し、全治2か月となり試合中止となった[2]。12月10日、DEEP 39 IMPACTで改めてDJ.taikiと対戦し、パウンドでTKO負けを喫した。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
25 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
15 1 11 3 0 2 0
8 4 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× DJ.taiki 1R 2:30 TKO(パウンド) DEEP 39 IMPACT 2008年12月10日
ジェームス・ドゥーラン 1R 2:26 ヒールホールド CAGE FORCE 06 2008年4月5日
× マルコ・ロウロ 5分3R終了 判定0-3 Fury FC 1: Warlords Unleashed 2006年9月27日
× ユライア・フェイバー 2R 3:35 TKO(パウンド) Gladiator Challenge 51: Madness at the Memorial
【GCバンタム級王座決定戦】
2006年7月1日
× 大沢ケンジ 5分3R終了 判定0-2 修斗 The Victory of the Truth 2006年2月17日
× ギルバート・メレンデス 2R 4:30 TKO(左眉カット) 修斗 2005年5月4日
門脇英基 1R 0:45 フロントスリーパーホールド 修斗 SHOOTO JUNKIE is BACK 2004年6月27日
× ジェンス・パルヴァー 1R 2:09 KO(左フック) 修斗 2004年3月22日
戸井田カツヤ 1R 4:06 アキレス腱固め 修斗 WANNA SHOOTO 2003 2003年11月3日
風田陣 1R 1:38 腕ひしぎ十字固め 修斗 2003年7月13日
× ジョン・ホーキ 5分3R終了 判定0-3 修斗 2003年1月24日
× バオ・クァーチ 5分2R終了 判定0-3 修斗 TREASURE HUNT 10 2002年9月16日
井上和浩 5分3R終了 判定1-1 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.1 2002年3月31日
マイク・コルドッソ 5分3R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO TO THE TOP 2001年1月19日
朝日昇 5分3R終了 判定2-0 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜 2000年9月15日
ジョーイ・ギルバート 2R 3:22 アキレス腱固め 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜 2000年7月16日
野中公人 3R 3:11 腕ひしぎ十字固め IV 修斗 the Renaxis 1999 1999年9月5日
ライアン・ディアス 1R 1:51 アキレス腱固め SuperBrawl 12 1999年6月1日
エリック・ペイン 1R 0:16 ヒールホールド 修斗 SHOOTO GIG '99 1999年4月9日
大河内衛 2R 1:22 TKO(パウンド) 修斗 Shooter's Soul 1999年1月27日
野中公人 5分2R終了 判定1-1 修斗 Las Grandes Viajes 6 1998年11月27日
戸井田カツヤ 1R 2:46 腕ひしぎ十字固め 修斗 Shootor's Dream 1998年9月18日
宇野薫 1R 0:23 アキレス腱固め ザ・トーナメント・オブ・J '97
【軽量級トーナメント 決勝】
1997年12月20日
松本光央 5分+延長3分終了 判定3-0 ザ・トーナメント・オブ・J '97
【軽量級トーナメント 準決勝】
1997年12月20日
大内敬 1R 2:18 ヒールホールド ザ・トーナメント・オブ・J '97
【軽量級トーナメント 1回戦】
1997年12月20日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
西内太志朗 3R終了 判定2-0 SHOOT BOXING The age of "S" Vol.5 2002年11月4日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 佐々木憂流迦 ポイント2-4 Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL 2013年9月27日
長谷川孝司 2R 3:38 腕ひしぎ十字固め PANCRASE 247 2013年5月19日
× フーベンス・シャーレス 1R 1:04 チョークスリーパー ZST.13 2007年6月10日
× 鈴木徹 ポイント0-5 ADCC 2007
【66kg未満級 2回戦】
2007年5月5日
ハビエル・バスケス ポイント0-マイナス1 ADCC 2007
【66kg未満級 1回戦】
2007年5月5日
徹肌ィ郎 ポイント10-0 ADCC JAPAN TRIAL 〜日本最終予選〜
【66kg未満級 決勝】
2007年4月15日
小野瀬龍也 アームバー ADCC JAPAN TRIAL 〜日本最終予選〜
【66kg未満級 準決勝】
2007年4月15日
亀田雅史 チョークスリーパー ADCC JAPAN TRIAL 〜日本最終予選〜
【66kg未満級 1回戦】
2007年4月15日
× 門脇英基 1R 3:47 チョークスリーパー Giグラップリング2006
【ライト級トーナメント 1回戦】
2006年10月9日
× レオナルド・ヴィエイラ 2R チョークスリーパー L.A. SUB-X 2006年5月26日


柔術[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 中村大輔 6分終了 ポイント0-2 Gi2009
【柔術部門 決勝】
2009年12月6日
生田誠 0:12 腕ひしぎ十字固め Gi2009
【柔術部門 準決勝】
2009年12月6日
武林佑 1:01 チョークスリーパー Gi2009
【柔術部門 1回戦】
2009年12月6日


獲得タイトル[編集]

  • ザ・トーナメント・オブ・J '97 軽量級トーナメント 優勝(1997年)
  • 全日本サンボ選手権 シニアの部68kg級 準優勝(1998年)
  • 全日本サンボ選手権 シニアの部68kg級 3位(2002年)
  • コンバットレスリング 65kg級 優勝(2005年)
  • プロ柔術 Gi-06 ペナ級トーナメント 準優勝(2005年)
  • 世界柔術選手権 茶帯ペナ級 準優勝(2005年)
  • ドゥマウカップ 黒帯無差別級 優勝(2005年)
  • デラヒーバ杯 ペナ級 優勝(2006年)
  • ADCC JAPAN TRIAL 66kg未満級 優勝(2007年)
  • 全日本柔術選手権 黒帯ペナ級 優勝(2007年)
  • 全日本サンボ選手権 68kg級 優勝(2008年)
  • 東京国際柔術トーナメント 黒帯無差別級 優勝(2010年)
  • 東京国際柔術トーナメント 黒帯ペナ級 優勝(2010年)

脚注[編集]

関連項目[編集]