植田壮一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「植田壯一郎」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
植田 壮一郎
うえた そういちろう
生年月日 (1956-02-06) 1956年2月6日(63歳)
出生地 高知県佐喜浜町(現・室戸市
出身校 東京農業大学農学部
所属政党自由民主党→)
無所属
公式サイト 植田壮一郎 Official Site

当選回数 1回
在任期間 2018年12月4日 - 現職

選挙区 室戸市・東洋町選挙区
当選回数 5回
在任期間 1991年4月30日 - 2011年4月29日

Flag of Muroto Kochi.JPG 室戸市議会議員
当選回数 2回
在任期間 1983年4月 - 1990年12月
テンプレートを表示

植田 壮一郎(うえた そういちろう[1]1956年2月6日 - )は、日本政治家高知県室戸市長(1期)。元高知県議会議員(5回)、室戸市議会議員(2期)。

来歴[編集]

高知県佐喜浜町(現・室戸市)生まれ。室戸市立佐喜浜小学校、室戸市立佐喜浜中学校、高知県立高知農業高等学校東京農業大学農学部卒業。

1983年(昭和58年)、室戸市議会議員に初当選。市議を2期務めたのち、1991年(平成3年)の高知県議会議員選挙に立候補し初当選を果たす[2]。県議時代は自由民主党に所属。2011年(平成23年)の県議選は無所属で出馬し、自民党公認の元参議院議員秘書の弘田兼一に敗れ落選[3]

その後、一般社団法人室戸市観光協会会長を務める。室戸市長選挙に出馬するため2018年(平成30年)2月8日に同会長を辞職[4]。同年3月10日、市長選へ出馬する意向を表明[5]。11月18日に行われた市長選で元市職員で小松幹侍(当時現役市長)の後継者として氏名の久保田浩、自民党高知県連と公明党高知県本部の推薦を受けた元市職員の萩野義興、元東洋町長の沢山保太郎らを破り初当選を果たした[6]。12月4日、市長就任。

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
小松幹侍
Flag of Muroto Kochi.JPG 高知県室戸市長
2018年 -
次代:
(現職)