植田宏文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

植田 宏文(うえだ ひろふみ、1965年8月 - )は日本経済学者。専門は財政学金融論、経済政策金融政策同志社大学商学部教授。博士(経済学)神戸大学、1994年)。福岡県出身。

来歴[編集]

1989年、大阪府立大学経済学部経済学科を卒業後、1994年に神戸大学大学院経済学研究科の博士後期課程を修了した。

1994年に同志社大学商学部の専任講師に就任し、1997年から助教授に昇進。2000年にロンドン大学客員研究員に任じられる。

2004年に同志社大学商学部(2007年以降は同志社大学大学院商学研究科)の教授に就任。2014年より学部長・大学院商学研究科長を務める。

著書[編集]

  • 『金融不安定性の経済分析』(晃洋書房、2006年)
  • 『金融革新と不安定性の経済学』(中央経済社、2017年)