植田捷雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

植田 捷雄(うえだ としお、1904年9月9日 - 1975年8月13日)は、東洋外交史を専門とする学者。東京大学名誉教授。

経歴[編集]

東京生まれ。1928年東京帝国大学法学部卒、大阪毎日新聞社に入社、1930年東亜同文書院教授、1937年東方文化学院研究員、1939年外務省嘱託、1942年帝大東洋文化研究所嘱託、1945年東大法学博士、論文名は "支那に於ける租界の研究" 1948年東文研研究員、1949年東大東文研教授、1965年定年退官、名誉教授、早稲田大学社会学部教授、1975年早大を定年退職し同年死去。

著書[編集]

  • 支那外交史論 特に米国の門戸開放政策と列強の勢力範囲設定策を中心として 巌松堂書店 1933
  • 支那租界論 春明書荘 1934
  • 支那事変と上海租界問題 日本外交協会 1938
  • 上海租界概論 東亜研究講座 東亜研究会 1938
  • 在支列国権益概説 巌松堂書店 1939
  • 支那に於ける租界の研究 巌松堂書店 1941(東方文化学院研究報告)
  • 在華租界還付と治外法権撤廃に就て 在華日本紡績同業会 1943
  • 支那租借地論 日光書院 1943
  • 阿片戦争論 私家版 1943
  • 支那に於ける租界還付・治外法権撤廃 竜文書局 1944
  • 大東亜共栄圏と支那 有斐閣 1945(大東亜国際法叢書)
  • 東洋外交史概説 中国開国編 日光書院 1948
  • 日華交渉史 日本の大陸発展とその崩壊過程 野村書店 1948
  • 東洋外交史 東京大学出版会 1969-1974

編著[編集]

  • 支那人士録 沢村幸夫共編 大阪毎日新聞社 1929
  • 現代中国を繞る世界の外交 野村書店 1951

翻訳[編集]

  • 満洲に於ける国際争覇 ポール・ヒツバート・クライド 森山書店 1935
  • 支那租界制度論 ジャン・エスカラ 日光書院 1941
  • 中共の将来 W・W・ロストウ 一橋書房 1956