植田祐次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
植田 祐次
人物情報
生誕 (1936-01-24) 1936年1月24日
満州国の旗 満州国 営口
出身校 早稲田大学
学問
研究分野 フランス文学
研究機関 青山学院大学
テンプレートを表示

植田 祐次(うえだ ゆうじ、1936年1月24日[1] - )は、フランス文学者、青山学院大学名誉教授。

経歴[編集]

満州営口生まれ。1959年早稲田大学仏文科卒、1963年同大学院博士課程単位取得満期退学、1965年長崎造船大学助教授、1970年、青山学院大学助教授となり、1984年に教授、2006年に定年退任、名誉教授。

18世紀フランス文学専攻。サドレチフなどを研究、翻訳した。

著書[編集]

  • 『共和国幻想 レチフとサドの世界』法政大学出版局 2004 (《思想・多島海》シリーズ)

編纂[編集]

  • 『十八世紀フランス文学を学ぶ人のために』(編)世界思想社 2003
  • 『フランス女性の世紀 啓蒙と革命を通して見た第二の性』世界思想社 2008
  • ヴォルテールを学ぶ人のために』世界思想社、2012

翻訳[編集]

  • パリの夜 革命下の民衆 レチフ・ド・ラ・ブルトンヌ 現代思潮社 1969 (古典文庫) のち岩波文庫
  • 最後の恋-サラ ニコラ・エドム・レチフ・ド・ラ・ブルトンヌ 二見書房 1970 (コレクション・アモール)
  • 魔王 ミシェル・トゥールニエ 近田武共訳 二見書房 1972 のちみすず書房
  • 物語ローマ誕生神話 ガイ・ド・トーリーヌ 大久保敏彦共訳 社会思想社 1980.5 (現代教養文庫)
  • フランス幻想民話集 社会思想社 1981.4 (現代教養文庫)
  • フランス妖精民話集 社会思想社 1981.8 (現代教養文庫)
  • ハムレット 構造分析的試論 ジャン・パリス 国文社 1984.12
  • 飛行人間またはフランスのダイダロスによる南半球の発見 きわめて哲学的な物語 レチフ・ド・ラ・ブルトンヌ 創土社 1985.1
  • ブルターニュ幻想集 山内淳共編訳 社会思想社 1991.7 (現代教養文庫)
  • フランス怪奇民話集 山内淳共訳編 社会思想社 1993.7 現代教養文庫
  • 恋の罪 サド 1996.3 (岩波文庫)
  • 南半球の発見・アンドログラフ レティフ・ド・ラ・ブルトンヌ 啓蒙のユートピア3 法政大学出版局 1997.12
  • ポルノグラフ レチフ・ド・ラ・ブルトンヌ ユートピア旅行記叢書 第15巻 岩波書店 2000.6
  • ジュスチーヌまたは美徳の不幸 サド 2001.1 (岩波文庫)
  • カンディード ヴォルテール 2005.2 (岩波文庫)
  • ヴォルテール哲学コント集成 上 国文社 2010.7

参考[編集]

  • ReaD 植田祐次の項目

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.302