植竹三右衛門 (1877年生の実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

植竹 三右衛門(うえたけ さんえもん、1877年明治10年)3月 - 没年不明)は、日本政治家栃木県那須郡川西町[1][2]、栃木県多額納税者[1][2]商人木材商)[3]実業家。下野木材、帝國造林、東野鉄道各社長[1][4]。植竹商業代表取締役[1][2][3]。栃木県農工銀行、那須商業銀行、下野実業銀行、黒羽銀行各取締役[4][5]。下野中央銀行監査役[4]。前名は熊次郎[1][6]。族籍は栃木県平民[5]

人物[編集]

栃木県那須郡川西町(現・大田原市)に生まれた。先代植竹三右衛門の長男[1][2][6]1933年家督を相続し、前名・熊次郎を改め襲名した[1][2]。木材商を営み、傍ら銀行会社の重役であった[3]。趣味は囲碁[1][2]。宗教は浄土宗[1][2]

家族・親族[編集]

植竹家

栃木県那須郡川西町大字黒羽向町[6]

1854年 - 1933年
1855年 -
1880年 - 1942年
1883年 -
  • 妻・テツ(栃木、猪俣槇之助の妹)[1][2]
1880年 -
  • 養子・達郎(弟・龍三郎の長男)[4]
1916年 -
  • 二女・トク(東京、伴野乙弥の二男・清の妻)[4]
1901年 -
1905年 -

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『人事興信録 第12版 上』ウ43頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録 第13版 上』ウ38頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年3月6日閲覧。
  3. ^ a b c d 『人事興信録 第10版 上』ウ50頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第8版』ウ34頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月22日閲覧。
  5. ^ a b 『人事興信録 第7版』う47頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月22日閲覧。
  6. ^ a b c d 『大正名家録』22頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年4月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 原田道寛編『大正名家録』二六社編纂局、1915年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第10版 上』人事興信所、1934年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。