椎名桔平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
しいな きっぺい
椎名 桔平
生年月日 (1964-07-14) 1964年7月14日(56歳)
出生地 日本の旗 日本 三重県伊賀市
身長 180 cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1986年 -
事務所 スターダストプロモーション
主な作品
映画
ヌードの夜』/『GONIN
溺れる魚』/『化粧師 KEWAISHI
アンフェア the movie』/『アウトレイジ
暗殺教室』/『新宿スワンII
劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
テレビドラマ
Age,35 恋しくて
世にも奇妙な物語』シリーズ
彼女たちの時代
永遠の仔
Sweet Season
アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜
整形美人。
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シリーズ
謎解きはディナーのあとで
3年A組-今から皆さんは、人質です-
トップナイフ -天才脳外科医の条件-
舞台
SWEET HOME』/『オーファンズ
ベント』/『調教師』/『レインマン
テンプレートを表示

椎名 桔平[注釈 1](しいな きっぺい、1964年7月14日 - )は、日本俳優三重県伊賀市出身。スターダストプロモーション所属。身長180cm、血液型はB型。

人物・来歴[編集]

小学校3年生よりサッカーに親しみ、高校時代には三重県代表として国体に出場[1]。さらに高いレベルでの活躍を求めて大学に進学するも、スポーツメーカーのCM出演がアマチュア規定に抵触して謹慎処分を受けたことを機に退部することとなる。

21歳だった1986年、『時計 Adieu l'Hiver』への出演でデビュー(当時は本名で活動)。

その後、トラック運転手など、さまざまなアルバイトを29歳になるまで続け、劇団新宿梁山泊などで俳優修行をつむ。

1993年、『ヌードの夜』で演じた同性愛者役で関係者から注目され始め、以降、石井監督作品に立て続けに出演。

1990年代半ばから、『 Age,35 恋しくて』や『sweet season』などのテレビドラマへの出演によって知られるようになる。

2003年、1995年放送のドラマ『BLACK OUT』での共演などを切っ掛けに山本未來と結婚[2]2010年1月には男児誕生。2019年に離婚[3]

2016年、映画『Darc』で海外映画デビューを果たす[4]

所属事務所は、ユマニテから2006年4月株式会社スターダストプロモーションに移籍。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

  • RETURN(2013年、UULA)※主演
  • 愛なき森で叫べ (2019年、Netflix)※主演

吹き替え[編集]

ドキュメンタリー[編集]

舞台[編集]

  • SWEET HOME(1994年)鈴木勝秀演出 ー パルコスペース3
  • 月光のつつしみ(1994年)岩松了演出 ー 本田劇場
  • オーファンズ -孤児たち-(2000年)※主演 栗田芳宏演出 ー サンシャイン劇場
  • ベント(2004年)※主演 鈴木勝秀演出 ー パルコ劇場
  • 調教師(2005年)※主演 内藤裕敬演出 ー シアターコクーン
  • レインマン(2006年、2007年) - チャーリー・バビット 役 ※W 主演  鈴木勝秀演出 ー グローブ座(2006年)PARCO劇場(2007年)
  • 異人たちとの夏(2009年)※主演 鈴木勝秀演出 ー シアタークリエ
  • 『教授』〜流行歌の時代とある教授の人生〜(2013年)※主演 鈴木勝秀演出 ー シアターコクーン
  • レインマン(2018年) - レイモンド・バビット 役 ※W主演 松井周演出 ー 新国立劇場

CM[編集]

プロデュース[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 現在の芸名は、かつての芸能事務所ユマニテで名付けられた。

出典[編集]

  1. ^ “今こそ稼げ! サッカーが得意な芸能人”. リアルライブ. (2010年6月24日). http://npn.co.jp/article/detail/48386232/ 2018年5月22日閲覧。 
  2. ^ 椎名桔平さんと山本未来さん離婚 - 産経ニュース
  3. ^ “椎名桔平と山本未來が離婚 16年の結婚生活にピリオド”. スポニチ Sponichi Annex (日本国 東京都: 株式会社スポーツニッポン新聞社). (2019年10月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/26/kiji/20191026s00041000053000c.html 
  4. ^ 椎名桔平が暴力団のボス役でハリウッドデビュー、「本場の映画作りを堪能できた」”. 映画ナタリー. ナターシャ (2016年2月29日). 2016年3月2日閲覧。
  5. ^ 土曜ドラマ カンパニー〜会社〜”. NHKアーカイブス. 日本放送協会. 2018年5月22日閲覧。
  6. ^ 番組エピソード ハラハラドキドキ!先が見えない【サスペンスドラマ特集】-NHKアーカイブス
  7. ^ 広末涼子×水野美紀、15年ぶりの姉妹役! 湊かなえの「望郷」ドラマ化”. CinemaCafe (2016年8月6日). 2016年8月7日閲覧。
  8. ^ “仲村トオル主演、江上剛氏の『ラストチャンス再生請負人』連ドラ化”. ORICON NEWS. (2018年5月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2111661/full/ 2018年5月22日閲覧。 
  9. ^ “井浦新主演、阪神・淡路大震災後の実話をSPドラマ化! 共演は野村周平、葵わかな、椎名桔平”. ザ・テレビジョン (KADOKAWA). (2018年11月7日). https://thetv.jp/news/detail/168412/ 2018年11月7日閲覧。 
  10. ^ “「キワドい2人」椎名桔平が山田涼介&田中圭の父役に、「良い親子関係を築けたら」”. 映画ナタリー. (2020年7月30日). https://natalie.mu/eiga/news/389764 2020年7月30日閲覧。 
  11. ^ [小雪]白雪姫狙う魔女役に 映画「スノーホワイト」日本語吹き替え版”. マイコミジャーナル. 2012年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月13日閲覧。
  12. ^ “2020年、クラウドワークスで働き方改革!椎名桔平さんと葵わかなさんが、上司&部下として「はたラク改革」を実現します” (プレスリリース), PR TIMES, (2020年1月6日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000050142.html 2020年8月4日閲覧。