椎名英三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
椎名英三
生誕 (1945-02-06) 1945年2月6日
日本の旗 日本 東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 日本大学
職業 建築家
受賞 JIA新人賞(2000年)
日本建築学会賞作品賞(2011年)
所属 椎名英三・祐子建築設計
建築物 宇宙を望む家
光の森
IROHHOUSE

椎名英三(しいな えいぞう、1945年2月6日)は、日本建築家日本建築学会賞作品賞、JIA新人賞など多数受賞。

概要[編集]

宮脇檀に師事し、現在は椎名英三建築設計事務所を主宰。 日本大学理工学部東京都立大学工学部日本女子大学国際協力事業団(JICA)、昭和女子大学 等の講師を務める。  

経歴[編集]

  • 1967年 日本大学理工学部建築学科卒業[1]後、1年間日本大学小林文次研究室の研究生になる。桜建賞受賞(卒業設計:未来博物館計画)
  • 1968年 大高正人の大高建築設計事務所に勤務し、万博の基幹施設等の設計に参加。
  • 1968年 宮脇檀建築研究室に入所。
  • 1975年 一級建築士事務所空環設計を設立。
  • 1976年 一級建築士事務所椎名英三建築設計事務所に発展解消。
  • 2000年 光の森で2000年JIA新人賞(作品)を受賞
  • 2010年 宇宙を望む家(1984年・自邸)で第9回日本建築家協会25年賞、IROHHOUSE(2008年)で日本建築仕上学会作品賞を受賞。
  • 2011年 IRONHOUSEで2011年日本建築学会賞(作品)を受賞。
  • 2012年 IRONHOUSEで2012年大谷美術館賞を受賞。
  • 2018年 一級建築士事務所椎名英三・祐子建築設計に事務所名を変更。事務所をSACRA TERRACE に移転。     

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 同期に望月照彦