検事・沢木正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

検事・沢木正夫』(けんじ・さわきまさお)は、小杉健治による日本推理小説のシリーズ。双葉社から刊行されており、2007年に刊行された第4作『宿命』が最終話とされていたが[1] 2016年に9年ぶりとなる新作『自首』が刊行された。2004年と2006年に榎木孝明主演でTBSで、2013年から寺脇康文主演でテレビ東京でテレビドラマ化されている。

シリーズ一覧[編集]

  1. 公訴取消し(2004年5月 双葉社 ISBN 4-575-23493-1 / 2006年12月 双葉文庫 ISBN 4-575-51113-7)
  2. 第三の容疑者(2005年5月 双葉社 ISBN 4-575-23524-5 / 2010年7月 双葉文庫 ISBN 978-4-575-51366-0)
    • 初出:『小説推理』2004年11月号 - 2005年4月号連載
  3. 共犯者(2006年5月 双葉社 ISBN 4-575-23551-2 / 2012年8月 双葉文庫 ISBN 978-4-575-51516-9)
  4. 宿命(2007年7月 双葉社 ISBN 978-4-575-23583-8 / 2012年12月 双葉文庫 ISBN 978-4-575-51544-2)
    • 初出:『小説推理』2007年1月号 - 2007年5月号連載
  5. 自首(2016年5月 双葉社 ISBN 978-4-575-23961-4[2]
    • 初出:『小説推理』2015年8月号 - 12月号連載

登場人物[編集]

沢木 正夫(さわき まさお)
東京地方検察庁検察官。示現流の達人。

テレビドラマ[編集]

榎木孝明版[編集]

第1作「殺意の分岐点」が「月曜ミステリー劇場」で、第2作「公訴取消し」が「月曜ゴールデン」にて放送された。

キャスト[編集]

ゲスト出演者[編集]

第1作「殺意の分岐点」

第2作「公訴取消し」

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

# タイトル 放送日 脚本 演出
1 検事沢木正夫〜殺意の分岐点〜
出所した妹殺しの兄…俺はやってない! 冤罪が生んだもう一つの惨劇!
全ての謎は刑務所の面会室に隠されていた!
2004年6月7日 中岡京平 杉村六郎
2 検事沢木正夫2 公訴取消し〜
青年は本当に人の命を奪ったのか!?
検事と被害者の運命が雨の記憶で交錯する時白い巨悪が裁かれる!
2006年6月26日

寺脇康文版[編集]

キャスト[編集]

ゲスト出演者[編集]
第1作「第三の容疑者」
第2作「公訴取消し」
第3作「共犯者」
第4作「自首」

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

# タイトル 放送日 脚本 演出
1 検事・沢木正夫 第三の容疑者
完黙する3人目の男と死者が残した謎の言葉!
2つの事件が交差する逆転法廷
2013年09月25日 林誠人 渡邊孝好
2 検事・沢木正夫2 公訴取消し
早すぎた逮捕 二転三転する容疑者の証言…
有罪を阻む3人の目撃者!追い詰められた検察の決断!
2014年12月24日
3 検事・沢木正夫3 共犯者
見えない動機!消えた共犯者!
検事・沢木正夫が秘められた真相に挑む!
2015年08月19日
4 検事・沢木正夫4 自首 2016年09月14日 川嶋澄乃

出典[編集]

  1. ^ 検事・沢木正夫 宿命”. 双葉社. 2013年10月9日閲覧。
  2. ^ 検事・沢木正夫 自首”. 株式会社双葉社. 2016年9月30日閲覧。
  3. ^ 中村橋之助の長男、中村国生がドラマ初出演で親子共演!”. 映画ニュース. 映画.com (2015年8月16日). 2015年8月20日閲覧。