椿貞良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

椿 貞良(つばき さだよし、1936年10月4日[1] - 2015年12月10日[2])は、日本ジャーナリスト、元テレビ朝日取締役。東京学芸大学卒業。偏向報道として知られる椿事件を引き起こした。

経歴[編集]

1960年日本教育テレビ(現・テレビ朝日)に入社後、報道記者。ほぼ一貫して報道畑を歴任。ワシントン特派員北京支局長も務める。報道局次長を経て1989年報道局長。1993年6月からは取締役を兼任した[3]2015年12月10日に死去[2]

椿事件[編集]

椿は取締役報道局長に在任中の1993年9月日本民間放送連盟の会合で、総選挙期間中に非自民政権樹立をうながす報道姿勢であった旨を発言。これが産経新聞の報道によって表面化し、偏向報道を禁じる放送法に違反した可能性を指摘された。これにより、椿は10月取締役報道局長職を解任された。同月、椿はこの問題で衆議院による証人喚問を受け、軽率な発言を陳謝したが、社内への報道内容の具体的な指示については一貫して否定し、あくまで偏向報道は行なっていないとした。当時の郵政省はテレビ朝日の免許取り消しも検討したが、最終的に行政処分とした。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]