楊岳斌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

楊 岳斌(よう がくひん、Yang Yuebin1822年 - 1889年)は、末の軍人。字は厚庵。元の名は載福といったが、同治帝の名(載淳)を避けて岳斌と改名した。

湖南省善化(現在の長沙市)出身。幼時より騎射に優れ、新寧の反乱の鎮圧に参加した。1852年湘陰の防衛に功績があり、千総に抜擢された。1853年曽国藩湘軍を創設すると、水軍の指揮官となった。湘潭岳州武昌・田家鎮を転戦し、鄖陽鎮総兵・湖北提督代理に任命された。1858年李続賓とともに江西省九江を攻め、太平天国軍の林啓栄を捕らえた。1859年から安慶包囲に加わり、陳玉成李世賢らと戦い、他の諸将とともに1861年に陥落させた。1863年から曽国荃の南京包囲に加わった。1864年、江西省・安徽省の軍務の統括を命じられ、陝甘総督に抜擢された。1865年、江西省・安徽省を平定した後に陝西省に赴任したが、回民蜂起に苦戦し、1866年に辞職した。1875年彭玉麟とともに長江水師の巡閲を命じられた。1883年清仏戦争が起きると福建省の軍務を命じられ、さらに江南の軍務についた。1885年、12営を率いて台湾に赴き、劉銘伝とともにフランス軍の上陸を阻止した。死後、勇悫の諡号を贈られた。

出典[編集]

先代:
熙麟
陝甘総督
1864-1866
次代:
左宗棠