楊戯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

楊 戯(よう ぎ、 ? - 261年)は、中国三国時代の政治家。字を文然蜀漢に仕えた。益州犍為[1]郡武陽県の人[2]。『蜀書』鄧張宗楊伝に単独の伝がある。

生涯[編集]

郡において名が知られていた存在であり、諸葛亮にも注目されていた。20余歳で州の書佐から督軍従事となり、軍内の裁判を司った。ある裁判における公正な判断振りが評価され、丞相府に召し寄せられて主簿に任命された。諸葛亮の没後、尚書右選部郎に任命されるが、蒋琬に請われ治中従事史となった。蒋琬が大将軍となり将軍府を開くと、召し寄せられ東曹掾となった。

後、南中郎参軍に昇進し、庲降[3]都督の副将となり建寧太守を兼任した。しかし病気により成都へ召還され、護軍監軍に任命された。後に再び地方に出て梓潼[4]太守を担当、また中央に戻り射声校尉となった。どの職においても清潔で簡約という評価を得たという。

延熙4年(241年)、『季漢輔臣賛』を著した。

延熙20年(257年)、姜維らと共に出陣し芒水まで至った。楊戯は姜維を嫌っていたため、酒の席で嘲るような発言をすることが多々あった。姜維は表面上平静を取り繕っていたが、内心穏やかではなかった。そのため軍の帰還後、姜維の意を受けた担当官吏に上訴され、免官された上で庶民に落とされてしまった。景耀4年(261年)に死去した。

三国志』の著者陳寿は「怠惰で、仕事も適当に手を抜く性分ではあったが、一度も他人に取り入る言葉を口にしたり、過度の愛情をもって人に接したりしなかった」と評している。一方で、旧友への援助は惜しむことなくこれを与え、また、蜀においては評価が低かった譙周(陳寿の師)の才能を絶賛し、識者からの自らへの評価をも高めたという。

蒋琬との議論の途中で返事に詰まってしまう事があった。ある時、楊戯を快く思わない者が失脚させようと「楊戯は公と話しても返事をしません。とんでもないおごりたかぶりではありませんか」と蒋琬に指摘した。蒋琬いわく、「人の心が同じではないのは、各々の顔が違うのと同じだ。表面で従っておいて後からあれこれ言うのは古人のいましめる所だ。楊戯が私が是とするところに賛同すれば、それは彼の本心ではなくなる。かといって私の言葉に反けば、それは私の非をあきらかにする事になり、だから黙っていたのだ。これは楊戯の素晴らしいところである」 [5]

参考文献[編集]

正史 三国志 5 蜀書」(陳寿 著、裴松之 注、井波律子 訳)ちくま学芸文庫 ISBN 4-480-08045-7

脚注[編集]

  1. ^ 読みは「けんい」
  2. ^ 楊洪や楊恭と同族である(楊洪伝・張裔伝)。李密は同郷の後輩。
  3. ^ 読みは「らいこう」
  4. ^ 読みは「しとう」
  5. ^ 蜀志十四 蔣琬伝 「琬曰:『人心不同、各如其面;面從後言、古人之所誡也。戲欲贊吾是耶、則非其本心、欲反吾言、則顯吾之非、是以默然、是戲之快也。』」