楊昌済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
楊 昌済
YangChangJi.jpg
楊 昌済
生誕 1871年4月21日
清の旗 湖南省長沙県
死没 1920年1月17日(1920-01-17)(48歳)
中華民国の旗 中華民国 北京
国籍 中華民国の旗 中華民国
民族 漢族
出身校 岳麓書院
弘文学院
筑波大学
アバディーン大学
職業 哲学家、教育家
配偶者 向振熙
子供 楊開慧
親戚 娘婿:毛沢東
父:楊書祥
楊 昌済
各種表記
繁体字 楊 昌濟
簡体字 杨 昌济
拼音 Yáng Chāngjì
英語名 Yang Changji
テンプレートを表示

楊 昌済(よう しょうせい、1871年4月21日 — 1920年1月17日)は、中華民国の哲学家、教育家。湖南省長沙県出身。毛沢東の2番目の妻・楊開慧の父として知られる。

経歴[編集]

1871年4月21日、湖南省長沙県に生まれた。

1898年、岳麓書院入学。1903年、日本の弘文学院に入学しその後東京高等師範学校(現・筑波大学)を卒業。1909年、アバディーン大学入学。[1][2][3][4]

1913年—1918年、湖南第一師範学院教員。

1918年—1920年、北京大学教員。

1920年1月17日、48歳で北京にて死去。

著書[編集]

  • 『達化斎日記』
  • 『楊昌済文集』
  • 『倫理学之根本問題』

家族[編集]

脚注[編集]