楊洪修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

楊 洪修(よう こうしゅう)は、近代における潭腿・査拳の著名な武術家の一人。

中華人民共和国山東省済南の出身。回族イスラム教僧侶。

民国初年(1912年)に済南鎮守使の馬良将軍が、形意拳の李存義を済南に招き、楊洪修と試合をさせた。この時、楊洪修が勝った。 弟子に、王子平がいる。