楊溥 (十国呉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
睿帝 楊溥
第4代王(皇帝)
王朝
在位期間 920年7月7日 - 937年11月10日
姓・諱 楊溥
諡号 高尚思玄弘古譲皇帝
睿皇帝
生年 光化3年(900年
没年 昇元2年12月28日
939年1月21日
太祖
皇后 王皇后
陵墓 平陵
年号 順義 : 921年 - 927年
乾貞 : 927年 - 929年
大和 : 929年 - 935年
天祚 : 935年 - 937年

楊溥(よう ふ)は、十国の第4代(最後)の王(皇帝)。太祖楊行密の四男。

生涯[編集]

兄の高祖楊隆演が呉国王になった時に丹陽郡公に封ぜられる。武義2年(920年)、高祖が死去すると徐温により後継の国王に迎えられた。順義7年(927年)、皇帝に即位する。しかし呉は高祖と睿帝の代には実権を徐温・徐知誥父子に握られており、王位と帝位は徐父子の簒奪の準備にすぎなかった。

天祚3年(937年)、睿帝は徐誥(徐知誥)に帝位を禅譲し、呉は滅亡した。翌年に死去し、睿皇帝とされた。

その後の楊氏[編集]

「十国春秋」巻3によれば、南唐建国後、呉の宗族達は秦州に設けた永寧宮に軟禁された厳重な警備に、軟禁された楊氏の宗族は婚姻もままならず、宗族の男女同士で慰め合ったという。

世宗が淮南に遠征し、楊氏一族を招こうとすると南唐の元宗は園苑史の尹廷範を遣わして、楊氏一族を京口に迎えようとした。ところが尹廷範が独断で睿帝の弟2人を含む男子60人以上を殺害、女子だけを連れて戻った。その所行に元宗は激怒して尹廷範は腰斬にされた。こうして楊氏は滅亡した。

先代:
高祖
呉 (十国) の第4代王/皇帝
920年 - 937年
次代:
滅亡