楊碧川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
楊碧川
プロフィール
出生: 1949年12月
出身地: 台湾新竹市
職業: 歴史家・思想家
各種表記
繁体字 楊碧川
簡体字 杨碧川
注音符号 |ㄤˊ ㄅ|ˋ ㄔㄨㄢ
和名表記: よう へきせん
発音転記: ヤン ビーチュアン
テンプレートを表示

楊 碧川(よう へきせん)は台湾独立運動家、歴史研究者思想家ペンネーム楊默夫高伊哥

1970年高校在学中に飛虹盟事件に関係して、国民党政府から「政府転覆の意図あり」とされ、緑島政治犯収容所緑島感訓監獄で七年間服役した。このため、「火焼島大学卒業と自ら称することがある。出獄後は引き続き反国民党運動に参加した。台湾独立を最高の理念とする、民進党新潮流系「十八飛鷹」の一人である。