楊鶴霄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
楊鶴霄
生誕 1904年(光緖30年)12月14日[1]
清の旗 河北省完県
死没 1950年?
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
所属組織 直隷軍閥
国民軍
中華民国空軍
最終階級 空軍上校
テンプレートを表示

楊 鶴霄(よう かくしょう / ヤン・ヘーシャオ、杨鹤霄)は、中華民国空軍軍人

経歴[編集]

第15混成旅(旅長:孫岳)幹部訓練班修了[2]。1922年秋に成立した保定航空隊飛行練習生隊に配属[3]。1923年、保定航空教練所が設立されると学生として編入。1924年、第二次奉直戦争で保定航空教練所が国民軍第3軍(軍長:孫岳)に接収された時には、孫岳に進言して国民第3軍航空司令部が編成され、航空教練所は国立保定航空学校に改称された[4][5]。1925年7月11日、国民第3軍航空司令部航空先遣隊隊長[6]。同年秋、保定航空学校卒業。卒業生で航空隊が編成され、航空第1隊隊長となった[7][4]。1926年、討賊聯軍航空司令部航空第1隊(隊長:趙歩墀)中隊長[8]

国民革命軍に投降後の1928年、李宗仁率いる第4集団軍航空隊(隊長:劉國楨)隊附[9]。同年7月、劉國楨が殉職すると隊長に就任し[10]張宗昌褚玉璞の残存部隊との戦闘に参加[11]

1929年9月、航空第3隊(隊長:李泯)副隊長[12]

1931年8月10日、軍政部航空第4隊隊長[13]

1933年7月18日、軍政部空軍轟炸(爆撃)第1隊隊長[14]

1934年、中央航空学校高級班に在校。

1935年9月7日、空軍少校[15]

1936年の両広事変によって広東空軍が中央空軍に吸収されると、成都轟炸総隊総隊長[16]。1937年9月、広州・天河の駐粤空軍指揮部(指揮官:劉牧群)参謀長。日中戦争勃発後の1938年3月、駐粤空軍指揮部が空軍第2路司令部に改編されると司令官代理[17]

1939年5月、伊寧教導総隊総隊長。

1943年1月14日、空軍中校[18]

1943年2月、空軍第1路司令官[19]。同年6月、梁山の戦闘での失策で司令官を解任され、5年の刑を下された[20]

1946年11月22日、空軍上校[21]

1948年9月3日、障害により退役[22][23]。大陸が中国共産党の手に落ちた後に殺害された中国語版と伝えられている[22]

勲章[編集]

出典[編集]

  1. ^ 軍事委員會銓敍廳. “陸海空軍軍官佐任官名簿 part5” (中国語). 臺灣華文電子書庫. pp. 222. 2018年2月27日閲覧。
  2. ^ 李 1973, p. 68.
  3. ^ 李 1973, p. 66.
  4. ^ a b 盧 1974, p. 7.
  5. ^ 李 1973, p. 69.
  6. ^ 馬 1994, p. 205.
  7. ^ 李 1973, p. 77.
  8. ^ 馬 1994, p. 183.
  9. ^ 李 1973, p. 98.
  10. ^ 张建基『北伐战争前后的中国空军』 (PDF)” (中国語). 军事历史研究 1990年第2期目. 2016年11月13日閲覧。
  11. ^ 李 1973, p. 99.
  12. ^ 盧 1974, p. 36.
  13. ^ 国民政府広報第845号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2016年10月12日閲覧。
  14. ^ 国民政府広報第1186号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2016年10月12日閲覧。
  15. ^ 国民政府広報第1840号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2016年10月12日閲覧。
  16. ^ 广东航空史略” (中国語). 广州文史. 2017年10月20日閲覧。
  17. ^ 盧 1974, p. 204.
  18. ^ 国民政府広報渝字第536号(民国32年1月16日) (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月12日閲覧。
  19. ^ 盧 1974, p. 261.
  20. ^ 文闻 編 (2006). 旧中国空军秘档. 中国文史出版社. pp. 255. 
  21. ^ 国民政府広報第2699号(民国35年12月13日) (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月12日閲覧。
  22. ^ a b 李 1973, p. 150.
  23. ^ 総統府広報第91号(民国37年9月3日) (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月12日閲覧。
  24. ^ 国民政府広報第760号(民国20年4月30日) (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2019年11月24日閲覧。
  25. ^ 国民政府広報第2648号(民国35年10月14日) (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月10日閲覧。

参考[編集]

  • 马毓福編著 (1994). 1908-1949中国军事航空. 航空工业出版社. 
  • 盧克彰編著 (1974). 空軍建軍史話. 空軍總部政治作戰部. 
  • 李天民 (1973). 中國航空掌故. 中國的空軍出版社. 
軍職
先代:
楊官宇
航空第4隊隊長
第2代:1931.8.10 - 1933.7.17
次代:
張廷孟
先代:
なし
空軍第2路司令官
代理:1938.3 - 4
次代:
劉牧群
先代:
なし
伊寧教導総隊総隊長
初代:1939.5 - 1941?
次代:
李瑞彬
先代:
張有谷
空軍第3路司令官
第6代:1941.5 - 1943.2
次代:
王叔銘
先代:
劉牧群
空軍第1路司令官
第6代:1943.2 - 6
次代:
張廷孟