楓/スピカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
楓/スピカ
スピッツシングル
リリース
規格 CDシングル
録音 :1998年1月 - 2月
スピカ:1997年10月
ジャンル ポップ、ロック
時間
レーベル ポリドール
作詞・作曲 草野正宗
プロデュース スピッツ
共同プロデュース:棚谷祐一
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間10位(オリコン
  • 1998年7月度月間17位(オリコン)
  • 1998年度年間152位(オリコン)
  • 登場回数8回(オリコン)
  • スピッツ シングル 年表
    冷たい頬/謝々!
    1998年
    楓/スピカ
    1998年
    流れ星
    1999年
    ミュージックビデオ
    「楓」 - YouTube
    「スピカ」 - YouTube
    テンプレートを表示

    楓/スピカ」(かえで/スピカ)は日本のロックバンドスピッツの通算19作目のシングルで、両A面シングル。1998年7月7日にポリドールより発売。

    概要[編集]

    8thアルバム『フェイクファー』収録曲「楓」と、同アルバムのセッションで録音され未収録となった「スピカ」の2曲を両A面で収録。8cmシングルは、裏表紙(「スピカ」と表記)も表表紙(「楓」と表記)のようなデザインになっている。表と裏が逆になっているバージョンもあり、事実上ジャケットが2種類ある。ファンの間では「楓派」、「スピカ派」という言葉が生まれるほど両曲ともに人気である。

    収録曲[編集]

    全曲 作詞、作曲/草野正宗 編曲/スピッツ&棚谷祐一

    1. アルバム『フェイクファー』からシングルカット。TBS系『COUNT DOWN TV』のオープニングテーマに起用され、本来のプロモーションビデオとは別の、同番組用ビデオクリップも制作された。1999年にフジテレビ系ドラマ『Over Time-オーバー・タイム』の挿入歌(ドラマの主人公の名字は"楓")、2010年のテレビ朝日系列のスペシャルドラマ『お母さんの最後の一日』では主題歌となっている。
      2010年10月にYouTubeで配信された公式PVは2019年3月現在4000万再生を超え、ミリオンタイトル3曲に次ぐ再生数となっている。
      2017年には、キリンビバレッジ午後の紅茶』CM内で上白石萌歌が「楓」を歌ったことにより、12月18日付のBillboard JAPANチャートで前週までの圏外から28位にランクインしたほか、レコチョクの週間ランキング(12月6日-12月12日集計)でも3位となるなど注目された[1]
      2019年1月から放送中の日本テレビ系ドラマ「ザンビ」では、ノンクレジットで挿入歌として使用されている(ドラマの主人公の名前は"楓")。
      収録アルバム:『フェイクファー』、『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ』、『CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection
    2. スピカ
      日本航空リゾッチャ」CMソング。アルバム『フェイクファー』制作初期にレコーディングされ、先行シングルとしても考えられていたが未発表となっていた。CMのタイアップが決まり、発売されることとなった。前シングル「冷たい頬/謝々!」の「謝々!」と同様、歌詞に「です・ます」が使われている。フジテレビ系アニメ『ハチミツとクローバー』第24話の挿入歌にもなった。
      収録アルバム:『花鳥風月

    カバー[編集]

    スピカ
    • 椎名林檎(2002年)
      • トリビュートアルバム『一期一会 Sweets for my SPITZ』収録曲として発表。

    脚注[編集]

    1. ^ 石田ゆり子の缶コーヒーCM曲、「午後の紅茶」冬CM曲が胸にしみるわけ”. 女子SPA!. 扶桑社 (2017年12月22日). 2017年12月28日閲覧。

    関連項目[編集]

    COUNT DOWN TVオープニングテーマ
    1998年5月 - 1998年7月
    松澤由美
    ココロ
    1998年7月 - 1998年8月
    スピッツ
    1998年8月 - 1998年10月
    the brilliant green
    冷たい花