楕円体状変光星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

楕円体状変光星[1]または回転楕円体変光星 (Rotating ellipsoidal variables[2]) は、変光星の分類の一つ。非常に接近した連星系が楕円体状の形状を成しており、光を放出する領域の形状が観測者から変化して見えることにより、公転周期に合わせて光度が変化するものである[2]。ただし、を起こしているものではない[2]。光度変化の幅は可視光領域で0.1等級を超えない[2]

典型例としておとめ座スピカが挙げられる[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『オックスフォード天文学辞典』 朝倉書店、初版第1刷、79、248頁。ISBN 4-254-15017-2。
  2. ^ a b c d e GCVS Variability Types and Distribution Statistics of Designated Variable Stars According to their Types of Variability”. 変光星総合カタログ. 2016年8月21日閲覧。