楚金玲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
楚 金玲
Chu Jinling
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 中華人民共和国の旗 中国
生年月日 (1984-07-29) 1984年7月29日(34歳)
出身地 中華人民共和国の旗 遼寧省大連市
ラテン文字 Chu Jinling
身長 190kg[1]
体重 72kg[1]
選手情報
ポジション WS
スパイク 310cm[1]
ブロック 302cm[1]
 
獲得メダル
FIVBワールドグランプリ
2003 アンドリア
2005 仙台市
アジア選手権
2003 ホーチミン市
2005 太倉市
2009 ハノイ
アジア競技大会
2006 ドーハ
テンプレートを表示

楚 金玲(そ きんれい、ラテン翻記:Chu Jinling、女性、1984年7月29日 - )は、中華人民共和国バレーボール選手である[1]。元中華人民共和国代表[2] 現在は地元の遼寧大連チームに所属。

来歴[編集]

遼寧省大連市出身。2002年の中国バレーボールリーグで頭角を現し、すぐに代表入りを果たす。

2003年、モントルーバレーマスターズで代表デビューを果たし、優勝に貢献。同年のWGPでも優勝を果たした。しかし過度のトレーニングからきた右肩痛により、同年秋のワールドカップを目前に代表を離脱せざるを得なかった[3]

2005年に代表に復帰し、アジア選手権で優勝に大きく貢献し、自らもMVP及びベストスパイカーの栄誉に浴した。しかし故障がちに加え技量レベルの問題から再び代表を離れた[3]。遼寧省チームに戻った楚は、エースポジションを若き王一梅に奪われ、国内リーグで活躍したものの次第に忘れられた存在となり、自国開催となった北京オリンピックにも出場できなかった[3]

2012年、楚は予期せぬことに、ロンドンオリンピック代表メンバーに選出され[4][5]、唯一のベテランとして、チームを牽引した。

エピソード[編集]

前述の通り、北京オリンピックには選手としての出場は叶わなかったが、聖火ランナーとして瀋陽市を走っている[6]

球歴[編集]

  • 三大大会
  • その他大会
    • WGP - 2003年(金メダル)、2005年(銅メダル)
    • アジア選手権 - 2003年(金メダル)、2005年(金メダル)、2009年(銀メダル)
    • アジア競技大会 - 2006年(金メダル)

受賞歴[編集]

  • 2005年 - アジア選手権 MVP、ベストスパイカー

脚注[編集]