楠ヶ丘信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
楠ヶ丘信号場
楠ヶ丘信号場.jpg
くすがおか
Kusugaoka
青井岳 (5.4km)
(4.4km) 山之口
所在地 宮崎県都城市山之口町北郷徒
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 374.7km(小倉起点)
電報略号 クオ
駅構造 地上
ホーム 2線
開業年月日 1965年昭和40年)10月1日
テンプレートを表示

楠ヶ丘信号場(くすがおかしんごうじょう)は、宮崎県都城市山之口町北郷徒にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線信号場である。

背景[編集]

山間部の中腹部にあり、神社の参道脇の林道を約2km歩いた位置にある。辺り一面が草むらの場所であり、野生動物の出没があるので訪問は注意が必要。

構造[編集]

2線を有する単線行き違い型の信号場であり、上下方共に片開き分岐器になっている。列車の追い抜きはできない(門石信号場と同様)。

周辺[編集]

一帯が森林地帯である。走湯神社聖域があり、信号場付近は悪路が続く。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
青井岳駅 - 楠ヶ丘信号場 - 山之口駅

関連項目[編集]