楠原基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
楠原 基
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県
生年月日 1955年
身長
体重
175 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

楠原 基(くすはら はじめ、1955年 - )は、広島県出身のアマチュア野球選手(外野手)。

経歴[編集]

広島商業高校では外野手、控え投手として活躍。1973年春の選抜に同期の左腕エース佃正樹を擁し、右翼手、三番打者として出場。準決勝では作新学院江川卓を攻略し勝利。決勝に進むが横浜高永川英植に抑えられ準優勝にとどまる[1]。同年の夏の甲子園にも四番打者として出場し、決勝で植松精一のいた静岡高を降し優勝を飾る[2]。同年の日韓親善高校野球にも出場。他の高校同期に金光興二達川光男らがいた。

卒業後は佃、金光とともに法政大学に進学。江川をはじめ植松精一袴田英利らと黄金期を築く。東京六大学野球リーグでは4連覇を含む5回優勝[3]1976年明治神宮野球大会では決勝で早大を破り初優勝、1977年の同大会は決勝で東海大を降し2年連続優勝を達成。1975年春季リーグでベストナイン(外野手)に選出され、同年の第4回日米大学野球選手権大会日本代表となる。

大学卒業後は日本生命に入社。都市対抗社会人野球日本選手権の常連として活躍。1981年社会人野球日本選手権では百村茂樹、佐藤清と強力打線を組む。大学後輩の加藤重雄らの好投もあって準決勝に進むが、大昭和製紙北海道に敗退[4]1983年限りで引退。

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 東京六大学野球連盟(記録)」(一財)東京六大学野球連盟
  4. ^ 「社会人野球日本選手権大会20年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1994年

関連項目[編集]