楠木あると

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

楠木 あると(くすのき あると)は、日本漫画家

東京都出身[1]

1988年春のアフタヌーン四季賞楠本あると名義『アルバイター新子』が佳作入賞。

成蹊大学文学部在学中に『モーニングパーティー増刊』(講談社)でデビューした[1]。その後、大学は卒業。

講談社の雑誌での連載が多いが、2011年頃より『グランドジャンプ』(集英社)などでも連載する[2]

作品[編集]

  • 『アルバイター新子』(講談社、コミックス全1巻)
  • 『NOSEBLEED JOHN(鼻血のジョン)』(講談社、コミックス全1巻)
  • 『重役秘書リナ』(原作:今野いず美、1995年-『モーニング・オープン増刊』、1996年末より『週刊モーニング』、コミックス全8巻)
    大手銀行の副頭取秘書を務める成田リナ(25歳)は、自分の力で副頭取を頭取にすることを目的に日々奮闘する。
  • 『コンシェルジュ』(『BE・LOVE』(講談社)、2002年、コミックス全2巻)
    巨大ホテルの女性コンシエルジュ来栖実々(くるす みみ)が宿泊客の問題を解決する。
    コミックス未収録分が3話あり、未収録分をマンガ図書館Zから3巻として配信されている[3]
    藤栄道彦作の同タイトルのシリーズ作品とは関連性はない。
  • 『スピナス』(原作:清水みよこ、『モーニング』(講談社)、コミックス全1巻)
    医大病院の救急救命センターに勤務する看護師卯月麗香には「人の魂の匂い」がわかる霊能力があった。
  • 『ンダスゲマイネ。 太宰治蒼春篇』(『モーニング』(講談社)、2009年、月1連載、コミックス全1巻)[4][5]
    太宰治の生涯を描く。
  • 『ビーマイファミリー』(『グランドジャンプ』(集英社)、2011年(創刊号) - 2013年(月1連載)、コミックス既刊1巻)
    児童福祉司千代田を訪れる里親里子を通じて「家族の絆」を描く。

出典・脚注[編集]