楠美恩三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
楠美恩三郎(1910年頃)

楠美 恩三郎(くすみ おんざぶろう、1868年4月17日慶応4年3月25日) - 1927年昭和2年)10月8日)は、日本の作曲家教育者青森県弘前市出身。

弘前藩士、楠美晩翠の三男として生まれる。1889年(明治22年)、東京音楽学校師範部を卒業。1902年(明治35年)、東京音楽学校助教授、1910年(明治43年)〜1917年大正6年)まで同教授として活躍し、日本の音楽教育に貢献した。

また、島崎赤太郎岡野貞一南能衛、上真行、小山作之助らとともに、文部省尋常小学唱歌の作曲委員の一人として参加し、『尋常小学読本唱歌』の編纂にもたずさわった。

数多くの校歌の作詞・作曲を手がけた事でも有名。

代表的な作品[編集]

童謡・唱歌[編集]

  • 『お星様』(作詞:石原和三郎
  • 『木の実拾い』(作詞:旗野十一郎)
  • 『手毬と紙鳶』(作詞:吉丸一昌
  • 『同窓会』(作詞:加藤里路)
  • 『朝日の御旗』(作詞:中村秋香)
  • 『春のゆくころ』
  • 『暑さは日々に』
  • 『夏の休み』

校歌・自治歌[編集]

など

代表的な著作[編集]

  • 『デュエットトリオ唱歌集』(1907年・明治40年)
  • 『オルガン軌範』
  • 『尋常小学読本唱歌』(1910年・明治43年)

関連事項[編集]