楡原駅 (新潟県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
楡原駅
Tochio-nirebara.jpg
左の倉庫が駅の名残か。手前と奥に延びる小道は旧道で、線路を横切っていた。 (2016年10月11日撮影)
にればら
Nirebara
上北谷 (2.6km)
(2.0km) 栃尾
所在地 新潟県栃尾市(現:長岡市)楡原
所属事業者 越後交通
所属路線 越後交通栃尾線
キロ程 24.5km(悠久山起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1916年(大正5年)1月14日
廃止年月日 1973年(昭和48年)4月16日
備考 無人駅
テンプレートを表示

楡原駅(にればらえき)は、かつて新潟県栃尾市(現在の長岡市)に存在した、越後交通栃尾線である。1973年昭和48年)、栃尾線の部分廃止により廃駅となった。

歴史[編集]

現状[編集]

駅周辺の路盤跡は県道19号に転用された。駅跡地には越後交通・楡原バス停がある。上り車線側にある待合室付近にホームが存在した。

  • 同バス停には、急行長岡駅前 = 見附 = 栃尾(楡原トンネル経由)一系統のみが停車する。(2019年6月現在)
楡原トンネル
当駅から見附方向に県道を約300m進むと楡原トンネルとなる。これは栃尾線の牛ヶ嶺隧道[3]跡を転用したものであるが[4]1986年の県道供用開始時点で二車線用に拡張されており原型をとどめていない。


出典[編集]

  1. ^ 「軽便鉄道停留所設置」『官報』1916年1月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 新潟県統計書. 大正5年 雑之部”. 国立国会図書館 (2006年3月31日). 2019年7月4日閲覧。
  3. ^ 当項では『栃尾鉄道案内』 p.76-77 (国立国会図書館デジタルコレクション)の記述に基く。
  4. ^ 『懐かしのトッテツ(栃尾鉄道)』, p. 99.

参考文献[編集]

  • 栃尾鉄道株式会社『栃尾鉄道案内』栃尾鉄道(原著1915年6月8日)。doi:10.11501/9325942019年7月6日閲覧。
  • 多川昌敏『懐かしのトッテツ(栃尾鉄道)』懐かしのトッテツ編集委員会、小川作蔵、あさひ印刷所、2009年5月25日。

隣の駅[編集]

越後交通
越後交通栃尾線
上北谷駅 - 楡原駅 - 栃尾駅