楢原健三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

楢原 健三(ならはら けんぞう、1907年6月30日 - 1999年8月14日)は、洋画家日本芸術院会員。

経歴[編集]

東京市赤坂区生まれ。東京美術学校藤島武二に師事。1930年在学中に「数寄屋橋風景」で帝展に初入選。戦後は示現会の創立に参加、理事長を務めた。1958年日展会員。1981年日本芸術院賞受賞[1]、1988年日本芸術院会員。1993年には勲三等瑞宝章受章。

著書[編集]

  • 油絵の制作 海を描く 海のある風景画技法 美術出版社 1978(新技法シリーズ)
  • 楢原健三画集 ビジョン企画出版社 1995

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1981年3月4日(東京本社発行)朝刊、22頁。