楢崎智亜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「楢﨑智亜」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
楢﨑 智亜
(ならさき ともあ)
Tomoa Narasaki (cropped).jpg
Boulder Worldcup 2017 in Munich
個人情報
フルネーム ならさき ともあ
国籍 日本
生誕 (1996-06-22) 1996年6月22日(23歳)
栃木県
スポーツ
日本の旗 日本
競技 スポーツクライミング

楢﨑 智亜(ならさき ともあ、1996年6月22日 - )は、日本のフリークライマー栃木県出身。

経歴・人物[編集]

1996年6月22日生まれ、栃木県宇都宮市出身。身長170cm。栃木県立宇都宮北高校出身[1]。実弟はフリークライマーの楢崎明智

2016年8月より株式会社KDDIとスポンサー契約[2]。TEAM-auに所属。

IFSC クライミング 世界選手権で2016・2019年 ボルダリング種目、2019年 複合種目で優勝。2016・2019年「IFSC クライミング・ワールドカップ ボルダリング種目」で年間総合優勝を果たす。

2019 IFSC クライミング世界選手権大会英語版八王子市総合体育館)の複合種目で優勝した事により、2020年東京オリンピック スポーツクライミング競技 日本代表選手に内定した[3][4]

主な戦績[編集]

[5] [6]

国内大会[編集]

  • 2015年 日本ユース選手権(リード)1位
  • 2015年 ユース選手権 ボルダリング競技大会 1位
  • コンバインド・ジャパンカップ
    • 2018年(第1回)1位
    • 2019年(第2回)1位

アジア大会・世界大会[編集]

開催年月 大会名 競技種目 [7][8]
リード ボルダリング スピード 複合
2012年8月 世界ユース選手権(ユースA) 4位
2014年8月 世界選手権 ドイツの旗 ドイツ:ミュンヘン 10位
2015年8月 世界ユース選手権(ジュニア) 8位 4位
2015年11月 アジア選手権 4位 28位
2015年12月 アジアユース選手権(ジュニア) 1位 3位
2016年8月 アジア選手権 2位
2016年9月 世界選手権 フランスの旗 フランス:パリ 1位
2017年7月 ワールドゲームズ2017 ポーランドの旗 ポーランド:ヴロツワフ 5位
2017年9月 アジア選手権 26位 4位 19位
2018年8月 アジア競技大会 インドネシアの旗 インドネシア:ジャカルタ 10位 3位
2018年9月 世界選手権 オーストリアの旗 オーストリア:インスブルック 13位 7位 21位 5位
2019年8月 世界選手権 日本の旗 日本:八王子 4位 1位 22位 1位

ワールドカップ[編集]

「ボルダリング」

  • 2014年 海陽 5位
  • 2016年 - 年間総合優勝 [9]
    • 重慶 1位、ナビムンバイ 2位、インスブルック 2位、ベイル 2位、ミュンヘン 1位
  • 2017年 重慶 2位、南京 2位、八王子 2位、ナビムンバイ 6位、ミュンヘン 2位
  • 2018年 マイリンゲン 2位、モスクワ 1位、八王子 2位、ベイル 3位 - 年間総合2位 [10]
  • 2019年 マイリンゲン 2位、重慶 2位、呉江 1位、ベイル 2位 - 年間総合優勝 [11]

「リード」

  • 2017年 呉江 2位、廈門 2位
  • 2018年 ヴィラール 3位
  • 2019年 ヴィラール 6位

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 楢﨑 智亜 プロフィール”. 日本オリンピック委員会 (2018年8月18日). 2019年9月21日閲覧。
  2. ^ KDDI、スポーツクライミングのオフィシャルスポンサー契約を締結、「TEAM au」を結成” (日本語). news.kddi.com. 2019年8月20日閲覧。
  3. ^ “楢崎智亜が金メダルでクライミング五輪代表に「今までで一番うれしい」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2019年8月21日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/08/21/kiji/20190821s00108000354000c.html 2019年8月21日閲覧。 
  4. ^ 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)におけるJOC推薦選手の選考について”. 日本山岳・スポーツクライミング協会 (2019年5月21日). 2019年8月22日閲覧。
  5. ^ 楢﨑 智亜 選手情報”. 日本山岳・スポーツクライミング協会. 2019年6月11日閲覧。
  6. ^ RESULTS”. IFSC. 2019年6月11日閲覧。
  7. ^ 種目とルール”. 日本山岳・スポーツクライミング協会. 2019年6月11日閲覧。
  8. ^ 競技を動画で説明”. 日本山岳・スポーツクライミング協会. 2019年6月13日閲覧。
  9. ^ ワールドカップボルダリング最終戦で楢崎智亜、野中生萌が優勝”. 日本山岳・スポーツクライミング協会 (2016年8月14日). 2019年6月11日閲覧。
  10. ^ TOMOA NARASAKI”. IFSC. 2019年6月11日閲覧。
  11. ^ 楢崎智亜選手がW杯ボルダリングで総合優勝”. ハフポスト日本版 (2019年6月9日). 2019年6月11日閲覧。