楢己智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

楢己智(ならのこち)は楢氏の始祖。秦氏

概要[編集]

己智古代朝鮮語で、おそらく首長を意味する語に由来する。己知、許智、巨智とも書く。新撰姓氏録の己智条(三一ニ - 九四〇)には、次のようにある。


己智。太子(しんのたいし)、胡亥(こがい)自(よ)り出づ。


佐伯有清に拠れば、新撰姓氏録に於ける己智氏の本拠は、大和国添上郡楢中郷(ならなかのごう)(奈良県天理市楢町)だったという。

尚、新撰姓氏録の細分でも確認できるとおり、己智はあくまでも漢民族である。同じく新撰姓氏録には、三林(みつはやしのきみ)、長岡忌寸(ながおかのいみき)、山村忌寸(やまむらのいみき)、桜田(さくらだのむらじ)が己智の同祖とある。

楢己智は大楢君素止奈か[編集]

昭和33年(1958)。奈良県で墓誌と骨蔵器が発見された。その銀製の墓誌には次のようにあった。


佐井寺僧 道薬師 族姓大楢君素止奈之孫


佐井寺の僧、道薬は、大楢君素止奈の孫である、という意味である。楢の字から楢氏との関係が示唆されるが、はっきりとしたことは分からないという。

発見された墓誌と骨蔵器は、奈良国立博物館の所蔵品である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

『新撰姓氏録』氏族一覧3(第三帙/諸蕃・未定雑姓)

奈良国立博物館 重要文化財 墓誌・骨蔵器

奈良県立図書館 平城京の役人住居