楯岡城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

楯岡城(たておかじょう)は、山形県村山市楯岡楯(旧・北村山郡楯岡町)にあった日本の城(中世の山城跡)。

歴史・沿革[編集]

  • 承元2年(1208年)、前森氏の築城とされる。
  • 弘長元年(1261年)に本城氏が入り、応永十三年(1406年)に最上満直の四男、楯岡満国が入った。のちに最上義光の弟楯岡光直が城主となるが、光直は義光の死後最上家家臣と跡目相続で対立し、それが原因で元和8年(1622年)に最上氏改易となり、楯岡城も廃城となった。
  • 現在は、一部が東沢公園として整備され、ハイキングコースとなっている。

歴代城主(現地説明看板による)[編集]

  • 前森氏
  • 初代 今嶺守
  • 二代 泰嶽守 
  • 三代 泰院守 
  • 四代 下綱守 
  • 本城氏
  • 初代 関山守 
  • 二代 涼山守 
  • 三代 泰国守 
  • 四代 風国守 
  • 五代 安国守 
  • 最上氏楯岡氏) 
  • 初代 伊予守満国
  • 二代 河内守満正 
  • 三代 和泉守満次 
  • 四代 豊後守満春 
  • 五代 長門守満康 
  • 六代 因幡守満英 
  • 七代 豊前守満茂 
  • 勤番 中山玄蕃(長崎城主)
  • 勤番 山野辺右ェ門義忠(山野辺城主) 
  • 勤番 鮭延越前守愛綱(真室(鮭延)城主) 

構造[編集]

根小屋式山城である。

山城部分は、東西400メートル、南北200メートルに及ぶ西楯山と、東西200メートル、南北150メートルの中楯山からなり、周囲を断崖絶壁で囲まれた要害である。

根小屋となる城主居館は山の南側、現在村山市立楯岡小学校がある地域にあったらしい。

考古資料[編集]

遺構[編集]

山の頂上部とその周辺に郭が存在し、南側斜面に石垣が残っている。

関連項目[編集]